CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
多摩川の花火大会 2010
線香花火みたいですが、逆さにしてみました



今年も地元の友人と行ってきました、多摩川の花火大会。
開始2時間前には現地に着きましたが、去年より人が多い・・・
場所がほとんど取られてました。

場所取りをしていた人が今いる場所を後から合流する人に説明するのは至難のワザ。

暗くなりかけた中、立ち上がって携帯を振りかざして合図する人、たくさんいますが
みんな同じことやってるから合図になってません。

早く座ってください、花火が見れません・・・



ブルーシート間のわずかな隙間を人が通り抜けます。
人のお弁当の上をまたいで行く人も・・・
花火が始まってもまだ、仲間が見つからずさまよってます。
私のカメラの定位置の横がなぜか、人の通り道になってしまい・・・
なかなか撮れず。



カメラの前を行き交う人々が残像として残っていて、幽霊写真のような趣になってます!!



そんな中、実はジャムも後から合流ということになっていたのですが、
人が多すぎて、携帯がつながらなくなってしまったので、もう会えないと
あきらめていたものの、たまたま見た先にジャムの姿が・・・



あの人ごみの中でたまたま、発見するのは奇跡に近いとびっくり!
一応、やっぱり縁のある人だったってことでしょうか・・・



人ごみはつかれますが、花火はやっぱりライブでみると迫力が違いますね。


JUGEMテーマ:花火大会

| 写真 | 22:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
紫陽花@鎌倉
今年の紫陽花も見納め。友人を誘って鎌倉へいってきました。

長谷寺は7月12日に紫陽花の剪定をするそうです。
アジサイは花がい咲いた後、剪定をしそびれて、夏以降に枝を切りますと
花芽はできないので、翌年の花が望めない仕組みとのこと。

とにかく一面に咲いている様は圧巻。




アップで見ると珍しいものばかりで飽きません。








竹の間からのぞく紫陽花。




キキョウもきれいだった。


そしてもう一つの楽しみはランチタイム。
ひっそりと、静かな住宅街の中にあるワインバーの「ボータン Beau Temps」
ランチタイムはカジュアルなフレンチのコースがあります。
庭にはたくさんハーブなどが植えられており、とてもよい雰囲気です。


左上からガスパッチョ・田舎風パテ・豚のロースト・スズキのグリル

お勧めの白ワインも、スパークリングワイン(デラウエアで出来ているんですって)も見たことのない国産のものですが、とても美味しかった。夜も訪れてみて、もっと本格的に飲みたい・・・


午後は成就院(じょうじゅいん)へ歩きます。紫陽花ごしに由比ガ浜が見えることで有名らしいです。
なんだかお天気もいまいちだし、暗くなってきて写真的にはいまいちでしたが。。。

この眺望ってよくコマーシャルで使われてますよね。


そして、由比ガ浜までさらに歩いて有名な一軒家のお蕎麦屋さん「鎌倉 松原庵」に
併設されているカフェへ。
 
ここのフォンダンショコラ、濃厚でチョコレートのテリーヌといった感じですが、
なかなか美味しいです。上にくるみのキャラメリゼしたものがのっているのもなかなか。

写真を撮りに行ったというより食べながらおしゃべりしに行ったわけですが・・・
楽しいひと時でした。


JUGEMテーマ:花のある暮らし
| 写真 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
尾瀬行ってきました
カメラ仲間に誘われて、軽ーい気落ちで申し込んだ尾瀬撮影ツアー。
2010-06-27.5.jpg

自然やアウトドアーに無縁だった私、尾瀬と言えば湿原に木道、水芭蕉・・・
それぐらいしか分ってなかったのです。

でも湿原に行きつくまでには峠を越えないといけなかったのです。
荷物を背負ったまま、山登り、考えてみたら今まで経験した事がありませんでした。
リュックにはお泊り用の着替え、雨具、それに加えてカメラ、レンズで6kg。
プラス三脚は手持ち。

はたして大丈夫か?
直前になってだんだん不安になってきました。

普段のジムやらヨガのおかげか?峠超えは以外と平気。
でもさすがに写真を撮りながらの余裕はありませんでした。

2010-06-27.6.jpg
尾瀬の名物三本松のところにハイカーが連なってます。みなさんしっかり雨対策してます。

天気には恵まれませんでしたが、霧がかかっている風景もなかなか風情があります。2010-06-27.7.jpg

尾瀬には独特の高山植物がたくさんあり、
2010-06-27.3.jpg
タテヤマリンドウ

2010-06-27.2.jpg
リュウキンカ

2010-06-27.1.jpg
水芭蕉
2010-06-27.4.jpg

2010-06-27.8.jpg
浅湖湿原近辺

2010-06-27.9.jpg
夕食後、雨&曇りの中、奇跡的に雲が切れて夕日がちらりと見えた瞬間。右手の山は燧岳。

とても良い経験でしたが、今回は雨の中カメラの操作がどうも面倒で、
良い写真を撮ろうという粘りなかったなー。
レンズを取り換えたり、三脚と立てたり、そんなことが雨の中だとさらに億劫に・・・

今回どんなもんだか分ったから、次回はもっと写真に集中できそう。

もうすぐ、湿原一杯に黄色いニッコウキスゲが咲くそうですが、その時期に訪れてみたいものです。
| 写真 | 08:54 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
またまた桜@新宿御苑
星空じゃありませんよ。

水面に散った桜の花びらです!

モニターで使っているキャノンのEF100mm F2.8L マクロ IS USM、やっぱりいいです!
いままでなかった手ぶれ補正がついたら、こんな風にレンズを水面に思いっきり近づけて
無理な姿勢でとっても大丈夫!



同じレンズで撮ったもみじ。
紅葉する姿もいいけど、小さな赤い花をつけているさまも可憐ですよね。

洋服の場合、ちょっと試着するだけ・・・なんていって着てみると結局買ってしまいますが、
レンズもちょっと使ってみるだけ・・・なんていってると結局買うはめになるのでしょうか・・・


風が強かったので、花びらもよく散ってます。そろそろ終わりですね。








JUGEMテーマ:photo

| 写真 | 21:11 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
花見@砧公園
20度になったこの日、近所の砧公園でお花見をしました。


ぽかぽか陽気で思わず眠くなるのでしょうね・・・。


JUGEMテーマ:photo
| 写真 | 20:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
夜桜ライトアップ@千鳥が淵
JUGEMテーマ:photo

アップするのが遅くなってしまいましたが、千鳥が淵も行ってきました。
やはりライトアップはここが一番綺麗かな。


東京タワーも桜仕様に変身?


でもこの色って派手ですぎではないでしょうか。



美しい光景で心が満たされた後は、お腹も・・・
熱燗におでん、いか焼き、じゃがバターなどなど。
結構割高だからちょろちょろと食べているうちに結構なお値段になってしまうのが
屋台ってやつですね。
| 写真 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夜桜ライトアップ@六義園
開花宣言はしたものの、さぶーい!
お陰で今年は長く桜が楽しめそうですね。

こちらの桜はソメイヨシノより早く咲くしだれ桜なので、

例年ならすでに満開になっていたはずなのに・・・
あともう一歩というところでした。

しだれ桜の一本一本、垂れ下っている枝の先はまだつぼみ。

数日後に来ればよかった。

でも、こんなことを考えるようになってしまったのは、この前先生の
「桜の写真は満開か散り始めじゃないと絵にならない・・・」という発言を
聞いてしまったからもしれません。今までだったらもっと単純に喜んでいたはず。

でも、たくさんの人々が一眼レフや、デジカメで激写していました!


人が多いので、三脚は当然禁止ですが、にもかかわらず、いますいます。
三脚をコートに隠して入口をすり抜け、少し人ごみより後ろに下がったところで
何気なーく細めに三脚を立てているカメラ小僧たちが・・・。
そんな人に限って、すごい高いカメラ持ってたりして。

ところで三脚禁止エリアで一脚はどうなんでしょ。






今年はこれからもっともっと桜を撮ろうと思います。

JUGEMテーマ:photo
| 写真 | 17:39 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
菜の花&富士山@吾妻山公園
2月の頭のことですが、今年初のカメラ教室で吾妻山公園に行ってきました。

日頃の行いがよいのかしらー、お天気には恵まれて
菜の花のバックには富士山がしっかり見えました!!



当日のお題はパンフォーカス。菜の花にも、富士山さんにもぴったりピントがあった写真を撮ること。

でもこれがこの場所では難しかった・・・・。

広角レンズでF値を絞って、3〜4m先にピントを合わせると、被写界深度が深くなって
手前の花にも遠くの山にもピントが合うという理屈なのですが・・・

実際は広角にすると周りの人や余計なものが入ってしまう。
しかも富士山が小さくなってしまってなんだか迫力不足。

じゃあ望遠レンズを使用するんだったらどうすればよいかというと・・・
自分自身が花から遠ざかって、被写体(花も山も)を遠距離におけば良いわけです。
この方法だったら山も大きく撮れるし。

でもここは花から遠ざかろうとすると、下り坂になっていて、山が映らない。

結局どっちつかずの状況でなんとなく撮ってしまったのでピントは甘い。


でもこのような悪条件でのお題がでたお陰でパンフォーカスの理解を
深められた気がします。・・・というか、それが先生の狙いだったのか?!


今年に入ってからクラスメートはますます上級者が増え、私のような入門カメラを
持っている人は少数派となってしまいました。先生にも「そろそろカメラを買い換え
ましょう」なーんて言われるし。レンズもまだまだほしいものがあるし、でも、まずは
もっと上達してからでもよいのではないかという気もするし・・・。
カメラも追及するとお金がかかります。トホホ。





JUGEMテーマ:photo

| 写真 | 17:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
裏磐梯
明日午前中出発なのに、案の上、まだパッキングが終わらない状況ですが、
どのコートを持っていくべきか悩んでいるうちに嫌になってしまい、しばし現実逃避。

今月忙しい、忙しいと騒いでいた割には、撮影旅行に行く時間はあったのです。

カメラ仲間とツアーを組んで先生にも同行してもらい、一泊で裏磐梯へ。
降りたての雪はとても綺麗でした。






行った先のペンションのオーナーも写真家さんなので、とてもよいスポットに案内してくれました。
はっきり言ってみんなでほぼ同じ構図で撮っていたのですが・・・。


夕暮れ時、曇ってしまって夕日はでませんでしたが、青っぽい、寒々しい光景が撮れました。

23時まで飲んでたのに、翌日は5時起床。日が昇る光景を目の当たりにしました。





マイナス8度の中、1時間半ほど撮影を続けていたら、最後の方は手と足先の感覚が
完全になくなっていました。


さらに、昼は快晴。鮮やかな青空!



充実した撮影会でした。


じゃ、またパッキングに戻るとしますか・・・


JUGEMテーマ:photo
JUGEMテーマ:旅行

| 写真 | 01:46 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
晩秋の美瑛 1
前回の美瑛は辺り一面「白い世界」でした。
それはそれでとても素適だったのですが、あまりにも白過ぎたので・・・
今回は少しいろどりを求めて、晩秋の美瑛に行ってきました。

が、あいにくのそこはすでにこの通り・・・


11月初旬の美瑛にいったい何があるの?・・・と数人から質問されました。
紅葉は終わってそうだし、かといって雪にはまだ早そうですものね。

でも美瑛ツウの友人によれば、カラマツの黄葉の見ごろは10月下旬から11月上旬。
美瑛の丘には秋小麦が植えられ、緑の畑のバックに黄色いカラマツ、さらにその奥には
山々が広がり、それはそれは美しいとのことでした。

しかし、今年はわれわれが到着する直前に初雪が降り・・・

今やカメラマンのメッカと化した、「青い池」も凍結し、雪がつもり・・・

一瞬とてもガッカリしたのです。

でもよくよく見てると、雪の下からカラマツの黄色が見え隠れしており、


カラマツがまだ落葉せず、黄葉している状態で雪が乗っているのは、旅行者にとっては
なかなか巡り合えない珍しい状況です。
そう考えるとなんだか得したような気もしてきました。

午後になると、青空も消えさらにふぶいてきました。


一日目は写真もそうそうにあきらめて、翌日晴れて雪が少し溶けることを願いつつ、早く寝ました。



JUGEMテーマ:旅行

| 写真 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/4PAGES | >>