CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
ほうじ茶のマカロン

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

 

募集中のクラス 

 

ガトー・マーブル(ショコラ&オランジェ) 

 → 2月6日(火)11時~1名様空きました

 → 2月13日(火)17時~追加開催です!!

 

タルト・マンディアン・ショコラ​ 

 → 2月10日(土)15時~1名様空きました

******************************************************

 

 

ちょっとした差し入れにほうじ茶のマカロンを作りました。

 

 

Macarons au Hoji-cha

 

京都がテーマのイベントだったので、一保堂のほうじ茶を使って。

 

 

マカロンコックは昨年10月に開催したほうじ茶のオペラと同じレシピ。

ただし、今回は直径3.5に絞りました。

すり鉢でゴリゴリと気長に茶葉をすりつぶしたら、部屋中香ばしい香りに

包まれました。

 

中身は今回はホワイトチョコレートではなく、ミルクチョコレートのガナッシュ。

 

1)生クリーム35%100gを沸かし、水あめ10gを足して溶かし、

  茶葉5gを入れて蒸らしてから漉し、減った分を足す。

3)ヴァローナのジヴァラ・ラクテ100gと乳化させる。

4)涼しいところで数時間置くと絞りやすい固さになります。

5)マカロンに絞り、ゲランドの塩を振りかけてからサンドする。

 

オペラの時はホワイトチョコレートでしたが、個人的にはミルクの方が

好きかもしれません。ホワイト程甘すぎず、優しいカカオの香りが

ほうじ茶の香りと程よくブレンドしますし、岩塩も効いてきます。

 

是非お試しください!!

 

 

初めてお申込み・お問い合わせは こちら

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

 

| 手作りスイーツ | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月レギュラークラス(2) タルト・マンディアン・ショコラ

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

 

その他募集中のクラス 

ガトー・マーブル(ショコラ&オランジェ) → 2月6日空きました!

 

******************************************************

 

 

オーブンが壊れている間に

オーブンを使わなくても出来るタルトを作ってブログに掲載したら 、

「これ食べたい!作りたい!」というリクエストをいただき、

急遽、バレンタイン直前、特別レッスンとして 開催することにしました。

 

 

ナッツやドライフルーツをのせたチョコレート菓子

“マンディアン・ショコラ” をタルト風にアレンジしました。

 

 

Tarte mendiant chocolat

 

 

そもそも、

マンディアン(mendiant)という単語はフランス語で”乞食”という意味ですが、

この場合は托鉢修道士のことを意味しています。

ちなみに、托鉢修道士とはローマ・カトリック教会における修道会の形態の

ひとつで、修道会会則により、私有財産を認めていない修道会だそうです。

 

元祖マンディアンの4種類の具材がが4つの托鉢修道会の衣服の色を示して

いるとのこと。

レーズンが聖アウグスチノ修道会、

ヘーゼルナッツがカルメル会、

イチジクがフランシスコ会、

マーモンドがドミニコ会ということです。

 

 

今回のタルト仕立てのマンディアンは・・・

 

スペキュロス(スパイス入りクッキー)と発酵バターをタルトの土台

として使い、その上は、プラリネ、ミルクチョコレート、マシュマロ、

フォイヤンティーヌの層。

更にその上はブラックチョコレートに、 オレンジの皮と

グランマルニエの香りを効かせたガナッシュ。

トッピングはナッツとドライフルーツ!

 

オーブンを使わず、

誰にでも簡単に作れるレシピですが、 材料はヴァローナの

チョコレート2種類をふんだんに使い、 ナッツやドライ

フルーツがぎっしり、とてもリッチなお菓子です。

 

 

開催日:

2月10日(土)11:00〜14:00

2月10日(土)15:00〜18:00

2月12日(月・祝)11:00〜14:00

2月13日(火)11:00〜14:00

 

受講料:7000円

 

お持ちかえり:長さ20cm 横幅7cm長方形カードル

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 教室案内 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フランス語途絶えてました(サロン・デュ・ショコラ2018)

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

さて、

毎年書いているだけに書かずにはいられない、

今年も行ってまいりました、サロン・デュ・ショコラ。

 

去年は、恩師ニコラ・ベルナルデ氏の初出店ということもあり、

初日に張り切って並んだのですが、

 

 

 

今年はシステムが変わり、入場券をあらかじめネット予約せねばならず、

「あーめんどくさい!」

と思っていたら、ちょっと出遅れてしまいました・・・。

 

 

でも、結果からいうと、

 

 

 

人が集中しすぎず、遅く行っても、

案外お目当ての商品は残っており、

私としては例年と比べて、疲れませんでした!

 

 

 

とはいえ、去年の張り切りブリは、なんだったのか(笑)

恩師にあって、今年はフランス語がんばります

とブログで宣言して 実際4か月ほどその志はもちました。

5月末にパリのベルエ・コンセイユでの研修に行くまでは・・・

 

 

 

帰ってきたら、目的を果たしてしまったかのように、

すっかり勉強することを忘れ、

この日を迎え、あれから勉強をさぼっていたことを

行きの電車の中で思いしだしました(トホホ)

 

そして、会場では

去年もいらした通訳さんの顔をみるやいなや、安心する自分がいて。

すっかり頼りながらの会話。

いつか、また、シェフの元で研修させてください、

と、通訳してもらいました。(自分で言いたかった)

 

 

あーこれではイカン!!

 

 

salon.jpg

右の黒いコックコートのシェフが二度目の留学で教わった

ニコラ・ベルナルデ氏、

左の白いコックコートのシェフが初めての留学で教わった

ローラン・デュシェーヌ氏。

 

 

今年は控えめな買い物!

IMG_2323.jpg

IMG_2324.jpg

 

ニコラシェフとローランシェフのチョコレートを中心に、

エスコヤマと、ベルナションなど

 

 

 

ちなみに、奥のボトルは

カカオを発酵させたときに出るカカオ果汁を煮詰めてシロップにしたもの。

水で割って飲んでみたら、梅酒のようなさわやかさでした!!

 

 

 

サロン・デュ・ショコラはチョコレート買にいくというより、

「そうだフランス語勉強しよう」・・・を

思い出すイベントになりつつあります。

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:チョコレート

| 雑記 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月レギュラークラス ガトー・マーブル(ショコラ&オランジェ)

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

前から一度は教室で扱いたいと思っていた、

シンプルなマーブルのケーク(パウンド)!

 

生地は、チョコレート×オレンジ風味、

グランマルニエを染み込ませます!!

 

 

Gâteau marbré chocolat et orange

IMG_2253.jpg

 

 

シンプルとはいえ、バレンタインを意識して、

プレゼント向きに、大人っぽくデコレーションします!

 

香ばしくローストしたアーモンドとヴァローナのチョコレートを

使ったソースを全体にかけてお化粧。

テンパリングしたチョコレートでレース模様の筒を作ります。

 

難易度:★★

(生地は混ぜるだけ、デコレーションがちょっと凝ってます!)

 

開催日:

2月2日(金)11:00〜14:00

2月3日(土)11:00〜14:00

2月4日(日)11:00〜14:00

2月6日(火)11:00〜14:00

2月7日(水)11:00〜14:00

 

受講料:7000円

お持ちかえり:長さ20cm 横幅5cmパウンド型

初めてお申込み・お問い合わせは こちら

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 教室案内 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タルト・マンディアン 

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

オーブン、まだ修理きておりませんし、

それにこの雪、買い物に行く気になりません。。。

 

 

材料・道具が限られている中、

前から頭の片隅で試作しようと思いつつも

他のものに先を越され、後回しになっていた

お菓子を思い出しました。

 

 

マンディアンです。

 

 

 

お菓子のマンディアンはチョコレートにナッツやドライフルーツを

のせたものです。

 

マンディアン(mendiant)という単語はフランス語で”乞食”という意味ですが、

この場合は托鉢修道士のことを意味しています。

ちなみに、托鉢修道士とはローマ・カトリック教会における修道会の形態の

ひとつで、修道会会則により、私有財産を認めていない修道会だそうです。

 

元祖マンディアンの4種類の具材がが4つの托鉢修道会の衣服の色を示して

いるとのこと。

レーズンが聖アウグスチノ修道会、

ヘーゼルナッツがカルメル会、

イチジクがフランシスコ会、

マーモンドがドミニコ会ということです。

 

 

ま、今はオレンジピールやチェリーがのっかっているものを

よくみかけますね。

 

 

そういえば、サロン・ド・ショコラも始まっておりますが、

毎年ベルナションのマンディアンを買っていたのですが、

去年は浮気してニコラ・ベルナルデのを買いましたね〜

詳しくはこちら

 

 

 

さて、そんなマンディアンをタルト仕立てにしてみようと。

 

 

とはいえ、オーブン使えませんから(笑)

焼かないタルトですね♪

 

 

Tarte mendiant chocolat

 

 

土台はスペキュロス!

 

ちなみにスペキュロスとは、パンデピス(Pain d'épice)のことで、

英語で言えばジンジャーブレッド、

クリスマスに良く食べるスパイス入り人形型クッキーのことです♬

 

フランスやベルギーではいろいろな形のものが売っておりますが、

日本で一番手軽に買えるスペキュロスは

カルディなどでも売っているLOTUSではないでしょうか?

写真の手前にも写ってますが。

 

このクッキー、本当にパリッと、カリっとした軽い食感に

シナモンが香り、コーヒーのお供に最適、やめられなくなります。

 

 

これをタルトの土台として使い、

その上は、プラリネ、ミルクチョコレート、ギモーヴ(マシュマロ)

フォイヤンティーヌの層、

 

更にその上はブラックチョコレートに、オレンジの皮と

グランマルニエの香りを効かせた、ガナッシュ。

 

トッピングはナッツとドライフルーツ!

 

 

 

あらっ、美味しい!!

これも2月のレッスンでやろうかしら?

もう間に合わないかしら?

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 手作りスイーツ | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/122PAGES | >>