CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 10月専攻クラス シャインマスカットとアーモンドミルクのサヴァラン | main | 11月 レギュラークラス モンブランショートケーキ >>
明日からオープンMORI YOSHIDA@渋谷スクランブルスクエア

******************************************************

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

*******************************************************

 

最近は工事ばかりやっている印象の渋谷。

どんどん再開発が進んでついていけない・・・なんて思ったりしてます(笑)

 

 

TVやネットでご存じの方も多いと思いますが、

明日、11月1日にまた新たらしいビル「渋谷スクランブルスクエア」が開業しますよね。

 

 

今回、お友達に誘ってもらい、内覧会に行ってまいりました。

 

 

渋谷エリア最高峰の地上229メートルに日本最大級を誇るオープンエアの

屋上空間があり、スクランブル交差点を始め東京を一望する360°パノラマビュー

がウリらしいですよ〜。

 

 

そして、もう一つのウリは、1階のフロア全体がスイーツという点。

エシレ、ル・ショコラ・アランデュカス、コンティチーニなどフランス菓子系

は充実のラインアップですが、和菓子系も船橋屋など好きな店や

北海道から東京初出店など気になるお店がたくさん!

 

 

そんな中、私のお目当ては・・・

 

 

 

 

MORI YOSHIDA PARISの日本初出店!!!

 

 

 

 

 

はじめてMORI YOSHIDAのケーキをいただいたのは、5年前。

それ以降、サロン・デュ・ショコラで楽しみにしておりましたが

ついに、凱旋帰国ですね〜。

 

 

その時の投稿は→こちら

 

 

今回の内覧会での生ケーキは2種類のみの限定販売でした。

 

 

まずは5年前も食べておりましたモンブラン

絞りのデザインが変わりましたね。

 

 

このモンブラン、特徴はなんといっても土台の部分のパートフィロ。

パートフィロとはギリシャやアラブが発祥の トウモロコシの粉と

小麦粉で作ったとても薄い生地です。

 

パートフィロの中はクレームダマンドかな。

そして、中はマロンとシャンティー。

外側のマロンクリームは甘すぎず、栗を存分に味わえます。

さらに、中のシャンティーも甘さ控えめ。

パートフィロはパイ生地などに比べると油分が少なく、あっさりとしており

パリパリの食感が楽しいです。

 

「モンブランは甘すぎて苦手」という方も絶対に美味しくいただけると思います♪

あーなんだか、あっという間に食べてしまいました。

 

 

 

さらにタルト・パンプルムース(グレープフルーツのタルト)

タルト生地の中がグレープフルーツのクリーム。

よくあるレモンと違って、酸味が少ないかわりに

後半にふとグレープフルーツのさわやかさと苦みが来るところが素敵。

 

残念なのは、買ってから直ぐ帰らずスクランブルの中をほっつき歩いていた

ため、生地が湿気ってしまったこと。

あーもういっかいベストな状態でいただきたい・・・

 

 

 

今回はこの2種のみの販売でしたが、明日からはどうなのかしら。

また、近いうちに再訪したいところですが、混んでそうです。

 

 

 

内覧会でもこちらが一番人気だったので、並ぶ覚悟が必要かもしれませんね♪

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/754
トラックバック