CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< 1月〜2月レギュラークラス ガトー・マーブル | main | 2月レギュラークラス ガトー・マーブル(ショコラ&オランジェ) >>
タルト・マンディアン 

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

オーブン、まだ修理きておりませんし、

それにこの雪、買い物に行く気になりません。。。

 

 

材料・道具が限られている中、

前から頭の片隅で試作しようと思いつつも

他のものに先を越され、後回しになっていた

お菓子を思い出しました。

 

 

マンディアンです。

 

 

 

お菓子のマンディアンはチョコレートにナッツやドライフルーツを

のせたものです。

 

マンディアン(mendiant)という単語はフランス語で”乞食”という意味ですが、

この場合は托鉢修道士のことを意味しています。

ちなみに、托鉢修道士とはローマ・カトリック教会における修道会の形態の

ひとつで、修道会会則により、私有財産を認めていない修道会だそうです。

 

元祖マンディアンの4種類の具材がが4つの托鉢修道会の衣服の色を示して

いるとのこと。

レーズンが聖アウグスチノ修道会、

ヘーゼルナッツがカルメル会、

イチジクがフランシスコ会、

マーモンドがドミニコ会ということです。

 

 

ま、今はオレンジピールやチェリーがのっかっているものを

よくみかけますね。

 

 

そういえば、サロン・ド・ショコラも始まっておりますが、

毎年ベルナションのマンディアンを買っていたのですが、

去年は浮気してニコラ・ベルナルデのを買いましたね〜

詳しくはこちら

 

 

 

さて、そんなマンディアンをタルト仕立てにしてみようと。

 

 

とはいえ、オーブン使えませんから(笑)

焼かないタルトですね♪

 

 

Tarte mendiant chocolat

 

 

土台はスペキュロス!

 

ちなみにスペキュロスとは、パンデピス(Pain d'épice)のことで、

英語で言えばジンジャーブレッド、

クリスマスに良く食べるスパイス入り人形型クッキーのことです♬

 

フランスやベルギーではいろいろな形のものが売っておりますが、

日本で一番手軽に買えるスペキュロスは

カルディなどでも売っているLOTUSではないでしょうか?

写真の手前にも写ってますが。

 

このクッキー、本当にパリッと、カリっとした軽い食感に

シナモンが香り、コーヒーのお供に最適、やめられなくなります。

 

 

これをタルトの土台として使い、

その上は、プラリネ、ミルクチョコレート、ギモーヴ(マシュマロ)

フォイヤンティーヌの層、

 

更にその上はブラックチョコレートに、オレンジの皮と

グランマルニエの香りを効かせた、ガナッシュ。

 

トッピングはナッツとドライフルーツ!

 

 

 

あらっ、美味しい!!

これも2月のレッスンでやろうかしら?

もう間に合わないかしら?

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 手作りスイーツ | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/641
トラックバック