CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< パリ研修3 | main | パリ研修5 >>
パリ研修4

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

 

下記レッスン 募集中!

 

5月専攻クラスの追加開催  バラとフランボワーズのマカロン → こちら

6月16日(金)11:00〜14:00

6月19日(月)11:00〜14:00

6月23日(金)11:00〜14:00 ←新たに日程を設定しました

 

上記マカロンの スピンオフレシピ! バラとフランボワーズのタルト → こちら  

6月24日(土)11:00〜14:00 ←新たに日程を設定しました

6月25日(日)11:00〜14:00 ←新たに日程を設定しました

6月28日(水)11:00〜14:00 

7月12日(水)11:00〜14:00 

受講料:8000円 お持ち帰り:直径14cmタルト1台

 

******************************************************

 

レッスン二日目、早く寝すぎて、それに時差の影響もあり、4:00AMには目がぱっちり。

そこでゆっくりお風呂に浸かりながら考えました。

 

「昨日は思うように動けなかったな。

 気が付くと、フランス人3名ばかりが重要な仕事をしてた気がする。

 この状況を打開するには?

 そうだ、次何をするか、ある程度予測して先回りせねば。

 ということは、各ケーキの構成をばっちり頭に入れておく必要があるわね。」

 

 

風呂でふやけるまでルセットを見てはケーキの名前とその構成を暗記する私(笑)

 

 

ルセットを見直したおかげで、あることに気が付いた。

昨日、私が作ったカシスのコンフィチュールを絞り袋に入れたあと、

冷凍庫にいれちゃったけど、あれは冷蔵庫に入れるべきだったのでは?!

 

シェフが「フリーゴ、フリーゴ」と言ってたけど、フリーゴfrigoって冷凍庫じゃなくて、

冷蔵庫だったわ! 英語で冷凍庫をフリーザーっていうのとごっちゃになってた!!

あの時、なーんかおかしいなとは思ったんだけど余裕が無くって・・・

 

・・・ってことは、今日、いざコンフィチュールを絞り出そうとしたら、カチカチに

凍っていて、「誰だっ、コンフィチュールを冷凍庫にしまったやつは!!!」ってこと

になりゃせんか。ひぇええええ〜。なんて謝ろう・・・

 

 

どぎまぎしながら、教室に向かった二日目。

 


私が作ったコンフィチュールは・・・

凍っておりませんでした。

IMG_2469.jpg

(凍っていない)カシスのコンフィチュールをマロンのムースの上に絞っております。

(ちなみに、この組み合わせおいしそう!)

 

 

ちゃんと、シェフが冷凍庫の中をチェックして冷蔵庫に

移してくれてたのでしょうねー、ほっ。
 

 

今回のコースでは私以外にも様々なレベルの失敗をする人が

おりましたが、だいたい、シェフがカバーしてくれました。

 

 

失敗したり、ついていけないレベルの人がいたとしても、

こっぴどく怒られることはなさそうです。

(担当のシェフによるのかもしれませんが)

 

とにかく効率よく、短期間で多くのことを教えるのが目的であって、

プロ向けの講座ですから、一から生徒を育てようという趣旨ではないわけですね。

 

 

もちろん、質問などには丁寧に答えてくれます。

積極的に参加しようとすれば、機会を与えてくれます。

でも、何もしないで見てようと思えば、それもできます。

要は自分次第ってことですね!!!

 

 


二日目、まず全員でやったことは、冷凍されているムース系のケーキをシリコン型

から外して、オーブンペーパーの上に並べて再び冷凍庫にしまうこと。

 

その後は、ひたすらケーキの上にのせる、デコレーションのパーツ作り。

どのパーツをどのケーキに使用するのかは分からず、

(ルセットにも書いてない)

ひたすら、パーツ作りにいそしんだ一日でした。

 

考えてみたら、ほとんどのケーキは前日のうちに組み立てられていたわけで、

私が今朝、各ケーキの構成を暗記したって、もう遅かったわけです。

二日連続4時起きして、全く報われないとは・・・(とほほ


 

 

デコレーションのパーツはとにかく派手!

着色料をためらいなくバンバン入れて、さらに金・銀の粉末を

吹き付け、キラキラに♪


 

プラスチックチョコレートでお花を作ったり

IMG_2579.jpg

 

 

 

シャンティーを絞り、冷凍してから赤や黄色に

ピストレで着色したり

IMG_2578.jpg

 

IMG_2610.jpg

 

IMG_2602.jpg

 

 

 

チョコレートを真っ赤に着色してシーリングワックスに見立てたり

IMG_2504.jpg

 

IMG_2519.jpg

 

 

ホワイトチョコレートは自然の色ではなく、

真白にするためにチタンを加えて、細工したり。

IMG_2604.jpg

 

IMG_2549.jpg

 

 

さらに、銀紛をキルシュで溶いたものをピストレで吹きかけ!

IMG_2605.jpg

 

 

ショコラノワールはテンパリングマシーンからジャンジャン

流れ出る!!!

IMG_2503.jpg

 

ケーキに巻き付けるチョコレートのパーツを作る。

IMG_2575.jpg

 

IMG_2574.jpg



自分でも取り入れることができそうなデコレーションのヒントに

なるものも多々あり、今後のレッスンに生かしていきたいと思います。

 

 

 

フランス語は、

oui(はい)、d'accord(了解)、ça va(大丈夫) が80%

 

それ以外は、英語とフランス語が混じった変な言い回しで通してます。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

| パリ研修 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/591
トラックバック