CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< バーリからのドライブ旅行・・・のはずが | main | イタリア半島横断 バーリからミノーリまで(途中べネヴェント) >>
バーリからアルベルベッロへ
大失態をしでかしちゃったジャムですが、
「次の手考えよう!次っ!」という温かい言葉のおかげで、
気持ちを切り替え(るしかないですね)、
皆、思い思いにipadやらスマホからパソコンを駆使し
次の宿がとってあるアルベルベッロまでとさらに、
その後、イタリア半島を横断してアマルフィー海岸側に
出る手段も調べると、やはり、バーリ、アルベルベッロ間は
電車があるが、そこからアマルフィーに直接行くというより、
再びバーリに戻ってからイタリア半島を横断するしかなさそう。

なんだか面倒だなーと思っていたところ、
宿の女主人(どうもこちらは奥さんがオーナーで夫は運転手のよう)に遭遇。
予想以上に空港から早く戻ってきた私達を見て、「早いはね、車は無事借りられた?」
と聞かれ「かくかくしかじか・・・」と事態を説明する私達。

そうすると、女主人「あらーなんてことっ!電車で行くの大変よー。
それだったら、旦那に運転させるから送ってあげるわよ。
レンタカーの1日の値段は?それより安くしておいてあげるわ」
とのこと。

いやー、ありがたい!命拾いした気分!しかもだいぶお得なお値段でのご提案。
これで次の町まではなんとかなる!
私達が「グラーーッツィエ」を連呼したところ
女主人「トリップ・アドバイザーに書いておいてねっ」だと(笑

はいはい、もちろん、このご恩は忘れません!
ここでも宣伝しておきましょう。
ということでバーリに行く際には、
とってもお安く、新しくて清潔なこじんまりしたB&B、
送り迎えも親切に対応してくれます♪
La Maison del Borso Antico
IMG_0333.jpg
お客さんのほとんどはアメリカ人、フランス人、ドイツ人らしい。
日本人ももっと来てほしいそうです♬


・・・と商談成立したところで安心したせいか、突然お腹がすいてきました。


前日はタコのカルパッッチョを食べましたが、今回はタコの炭火焼。
こちらの地方の独特の食べ方だそうで。
IMG_2519.jpg
小ぶりですが、味が濃くてうまし。

IMG_2516.jpg
海老も美味。車エビに似てます。

やはり、このあたりでは料理したものというより、素材そのものを
味わうようなものを選ぶのが正解ですね。

そして昼間っからカンパーイ!
ジャム「運転手だったら、飲めないから、結果こうなったのはよかったのかも〜」
・・・とまったく反省の色が見えません。
IMG_2510.jpg

ほろ酔い気分で例のベビーカーがのっかっている車に3度目乗りこみます。
そこで宿の旦那と話していて、さらに翌日、再びアルベルベッロからバーリまでも
車でわざわざ迎えに来てくれる商談も成立!!

いやー、なんとかなるもんですね〜。(と、安心してはいけませんが)



そんなこんなで我々はアルベルベッロに、無地到着できたのでしたー。



アルベルベッロは石を重ねた、とんがった先端の屋根が独特の形をした家々(トゥルッリ)
が有名です。私達もこれを宿泊施設に改造したものに泊まりました。
IMG_0359.jpg
ここが泊まったところです。中は広く、2ベッドルーム、2バスルーム、ダイニング、
リビングとあります。


IMG_0367.jpg
ホテルもありますが、今なお住んでいる人もいるそうです。
日本の白川郷と姉妹友好提携をしているそうですよ!

DSCF4653.jpg
屋根の先端が様々な形をしておりますが、これは作った人のマークのようなものだそうです。

IMG_0401.jpg
協会もとんがり帽・・・

IMG_0443.jpg
土産物屋さんもとんがり帽・・・


そして、そろそろ旅の疲れもたまってきている私達は
珍しく、軽いサラダとビールだけの夕食でぐっすりと寝ることができました。



つづく


いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:旅行
| 旅行 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/500
トラックバック