CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< バーリ 観光・食事 | main | バーリからアルベルベッロへ >>
バーリからのドライブ旅行・・・のはずが
さて、バーリで一晩過ごしたら翌日はいよいよドライブ旅行の始まり。

友人二人は宿でゆっくりしてもらって、その間私とジャムは予約
してあるレンタカーをピックアップするために、空港へ。


宿から空港は宿の若旦那が送ってくれました。
タクシーよりも安い値段で行ってあげるとのことで。
(そう、昨日のベビーカーやら、子供用のおもちゃやら
満載の古びた車でも、ありがたい!)


レンタカーのカウンターでパスポートと国際免許証を提出したところ
カウンターの片腕全面入れ墨のお兄ちゃん、「免許証のオリジナルも出して!」
ジャム、「えっ?! それって日本の免許証? ええええっと、あったっけなああ。
あー日本に置いてきたよなー。」

入れ墨のお兄ちゃん、「えええっ?! 両方ないと貸せないよ!」
ジャム「だって、そもそも日本の免許証を提出して国際免許取ったんだから・・・
もう必要ないと思って・・・ぶつぶつぶつ。」

旅慣れしちゃっている夫婦は、ここであっさりあきらめず、
なんかかんか、主張したらなんとかなるもんだと
(いままでなんとかなることが多かった)、
食い下がって、あれこれ言ってみたものの、

入れ墨お兄ちゃん、契約書の紙をもって
「ここにちゃんと書いてあるでしょ。免許証のオリジナルが無いなら、
ウチでは貸せないよ。ちゃんと読んだ?!ルールはルールだからっ。
もっと小さいところでどっか貸してくれるところ探したら?うちはそんな
いい加減なことしないよっ!」と
中年日本人夫婦、入れ墨のイタリアン若者にお叱りを受けてしまいました。

アホでいい加減な日本人だと思ったでしょうね・・・(ハア〜

話は2年前の9月に遡りますが、私はパリでスリにあったんです。
クレジットカードなどは速攻で電話で止めて、
帰国後に再発行するのは、さほど面倒ではありませんでした。
しかし、免許証は鮫洲の教習所に行かねばならず、
お金もかかったし一番厄介だった・・・
という一件を思い出したのかもしれません。
ジャムは出発直前、わざわざ免許証を財布から出してきたとのこと。


あー、思えば、去年末うちで飲んでいた時、
女子でイタリア旅行したいねーと盛り上がっていた場にいたジャムは
「僕も参加させて―、運転なら任せてー、以前もナポリから
ソレントまでドライブしたしー、普段からマニュアル車だしー」
とやたらと豪語していたわけで、
そこから今回の旅が決まったわけで、
車が前提であっちいこう、こっちも寄ろうなどと計画を立てたわけで、
その車がないとなると計画はまるつぶれなわけで、

ホテルで待つ二人に合わせる顔がない・・・

二人に電話で「申し訳ないっ!車は借りれませんでした。」
と言った時の私の声があまりにも悲壮感漂っていたようで

しょんぼりしてホテルに戻った私達を
二人はゲラゲラと笑いながら迎えてくれて
「もう、大丈夫だからっ!、次の手考えよう!次っ!」

と言ってくれたのが、申し訳ないやら、ありがたいやら・・・

つづく


いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:旅行
| 旅行 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/499
トラックバック