CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< パリのお菓子屋さん3 | main | アントルメ ショコラ・マント >>
パリのお菓子屋さん4
もうひとつご紹介するイートインできるお店は、もはやお菓子屋さん
というカテゴリーにはとどまらず、ショコラをテーマとしたコンセプト・ストア
ということらしいです。レストラン、サロン・ド・テ、パティスリー、ショコラティエ、
さらに料理とお菓子教室、ラウンジまであります!!

dimanche1.jpg

この日もまたお腹をすかせた状態で突入してしまったため、お菓子の研究の
つもりが、レストランでコースの料理をオーダー。
やはり、ショコラが料理においてどのような形で取り入れられているのか、
どうしても食べてみたくなり・・・。


ショコラ入りのシャンパーニュ
dimanche2.jpg
ショコラ入りといっても甘いわけではないのです。
キリリとした辛口の泡にふわっとカカオの香りがして絶品!
色も普通より濃い目。これはなんとなくですが、作り方がわかったような気がします。
家でシャンパーニュではなく、スパークリングで実験してみよう!

アラカルトのアントレから
私は、カカオ入りのフォアグラ、バニラ風味のマルメロのポシェ、
マダガスカル産のワイルド胡椒
dimanche3.jpg
カカオは甘くない状態で、フォアグラによい香りと苦みを与えてます。
こちらがスペシャリテなのでお食事なさる方は外せないメニューです!


相方は、
アーティチョークのクリームスープ、フォアグラ、秋の野菜、
カカオニブ(カカオ豆を砕いたもの)とフルール・ド・セル(塩の花)入りの
ブリオッシュとともに(ブリオッシュは写ってません)
dimanche4.jpg
濃厚なスープが美味しかった!

メイン、私は
海老にカカオニブをまぶしたグリル、スパイスでコンフィされたパイン、
ココナッツミルクを使ったリゾット
dimanche5.jpg
カカオニブの香りと、パイン、ココナッツが相まって、南国的な
テイストに仕上がってます。

相方は子牛のグリル、マダガスカル産ショコラのソース、ドライフルーツ&ナッツ、
センターは、かぼちゃと栗のグラタン、ごぼうのチップス
dimanche6.jpg
こちらは子牛肉なので見た目の印象よりさっぱり、ショコラのソースで
コクがでます。かぼちゃと栗はズシリと食べ応えアリ!
お、お腹がはちきれそう!!


ー  また、同じ失敗をしてしまいました
   ケーキを頂く前に正確な判断力を失うほど満腹です  −


だからといって、食べない訳ではありませんが

私の大好きなシュー生地のお菓子は・・・
dimanche7.jpg
生地にはクッキー生地が乗せて焼いてあるのでカリカリの仕上げ。
シューの中にはフルーツのピュレが入っており、その上の
たっぷりある生クリームはベルヴェーヌの香りが利いていて甘さ控えめ、
上にはアプリコットのジュレは乗っかっております。


もうひとつは ル・トリアングル
dimanche8.jpg
奥からサブレ、ピスタチオのジョコンド、フィユティーヌ、
ガナッシュ、ミルクチョコレートの薄い板。
この構成からわかるように、非常に濃厚です。
満腹ではない時に、コーヒーと改めていただきたいものです。ふ〜

他のケーキやチョコラも試してみたかったので、
お茶の時間に再訪してみたいです。
とはいえ、レストランとしても満足!


Un Dimanche à Paris アン・ディマンシュ・ア・パリ
http://www.un-dimanche-a-paris.com/
4-6-8, Cour du Commerce Saint André 75006 Paris
メトロ:Odeon

JUGEMテーマ:PARIS
| 外国のお菓子屋さん | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック