CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< ターブル・オギノ@代官山 | main | 憧れのレフェルヴェソンス@表参道 >>
ヴィエイユ・フランス@千歳烏山
ご無沙汰してます!

4月は、お教室以外のお仕事が忙しくって、ブログもままならぬ状況でしたが
どんな忙しくても、食べることだけは、しっかり手を抜きませんでしたよ!!

だから食べたケーキの写真がたまってしまい・・・すでに記憶が薄まりつつあります〜。

とはいえ、ヴィエイユ・フランスで改めて衝撃を受けたことだけは忘れられない!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ミルフィーユ ショコラ&シトロン・ベール
ヴィエイユ1.jpg
ごめんなさい、正式名称忘れた!!
しかも期間限定とか書いてあったから、すでに店頭になかったら意味なしですね。
でも、2013年に食べた中で暫定1番美味しかったケーキなので、書かせて!
口にいれた瞬間、思わず「ウマイ、ウマイ、ウマイ〜!!」と連呼してしまったので。
フィユタージュはココア入りで苦みばしった感じ。塩味も効いていて、
もちろん、サックサクです。
後はクレーム・ショコラとクレーム・シトロン・ヴェール(ライム)の組み合わせ。
レモンじゃなくって、ライムってとこが憎い!!甘み・酸味・苦み・塩味が
口の中で溶けあう感じです。ちなみに上にのっかっているのは、
チョコレートのギモーヴ。
しばらくこのお店に来るのを忘れていたことを思いっきり後悔した一品でした。

タルト・ルバーブ・フレーズ
ヴィエイユ3.jpg
タルト皿のサブレですが、シナモン入りのようで、非常に香ばしい。
その上に薄く、ジェノワーズ、そしてルバーブといちごのコンフィチュール!!
この酸味と濃厚なフロマージュのクレームの組み合わせがたまらん!!

ベルジュロン
ヴィエイユ2.jpg
下からショコラのビスキュイ、キャラメルのムース、アプリコットのジュレ、
ムース、ビスキュイ、ムース、グラサージュ。
チョコレートとキャラメルという濃厚な組み合わせと思いきや、
アプリコットのさわやかさが際立ちます。これも美味!

ポロネーズ
ヴィエイユ4.jpg
私はいつも言ってますが、アリババ、サバラン、ポロネーズ、ボストック、
など、ブリオッシュ系の発酵生地にお酒を浸すお菓子が大好きです!!
だから見つけるとついつい、買ってしまいます。
(ちなみにポロネーズってフランス語で「ポーランド風」という意味。
元ポーランド王でロシア軍に追われてフランスに亡命した
スタニスラス・レクチンスキー公がフランスで広めたとか。
この方、とても食いしん坊だったようです、あの有名なマドレーヌも
この方の発明だとか。)
普通のポロネーズは生地がメレンゲでおおわれていますが
ここのは、可愛いく絞ってありますね。ブリオッシュの中にカスタードと
ラムレーズンが入ってます。

今回、すべてヒット!!

あんまりにもよかったから後日またジャムが買ってきた!

シブースト
ヴィエイユ5.jpg
ヴィエイユ6.jpg
シブーストは、りんご入りなど季節によって変わるそうですが、今回は
オレンジ入りでさわやかでした。パイ生地がしょっぱくて、さっくりしてて
美味しい!!

ヴィエイユ7.jpg
こちらは名前を失念! 胡桃とコーヒーのバタークリームが濃厚。
でも不思議と重くなく、どんどん食べれてしまう。

ついでにキッシュなども
ヴィエイユ8.jpg
そら豆とえび、ほうれん草とチーズ・・・
家の近くにあったらいつも一人ランチはここに買いに行きたい。

ここのタルトタタンも素晴らしいです。あ~また食べたい!!

今年の誕生日(自分の誕生日に自分でオーダー♪♪)
はこちらのお店に決めました!!

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック