CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 並んじゃいました! | main | 3〜4月はいちご祭り!! >>
パティスリー・リョーコ@高輪台
関西に住む友人が大絶賛していたパティスリーリョーコが東京に移転してきたのは一年前、
早く行ってみたいと思いつつ、一年たってしまいました。
そこでやっと先日行ってきたのですが、一年間温めてきたからでしょうか、
ついつい、買いすぎてしまい・・・。
でも、こんな時に「お願い、ケーキ買いすぎた〜食べるの手伝って!!」と
声をかけると駆けつけてくれる、ありがたい友人がいます。
(他にも私がケーキ食べる時に手伝ってくださる方で、突然声掛けても駆けつけてくれる方
募集してます!!)

まずはお茶をいれて・・・。
戦利品を並べて、食べる順番を検討します。
ryoko1.jpg

シュークリーム
ryoko8.jpg
ryoko8-1.jpg
断面を見てのとおり、皮は極薄、色からしてもしっかり焼けているのが
わかりますね。そして、上はアーモンドクリームかなにか塗って
焼いてあるので、カリカリに仕上がってます。
オーダーしてからクリームを詰めてくれます。ぎっしりと詰まっていて
ウレシイ限り。でも皮が非常に薄いので、家に持ち帰ってからわりとすぐ
に食べましたが、それでも皮はややしっとりで存在感がなし。
(上はカリカリしたままでした)
シュー生地そのものが大好きな私としては、もう少しだけ生地の
存在感があってほしい気がします。
今度は車で行って、店から出たら、すぐに食べればもっと感激
するかもしれません。

ジャポネ
ryoko2.jpg
いわゆるショートケーキです。フランスで修行されたシェフにとって
ショートケーキは日本で生まれたケーキということをより強く感じられる
のでしょうね。卵黄が多い配合なのでしょうか、生地がとても濃い色を
しております。見た目は一見、きめが粗いように見えたのですが、
実際はほどよく柔らかく、弾力があって、間のいちご、クリーム、
コンフィチュールそしてところどころにちりばめられているカスタード
とのバランスが絶妙です。久々に美味しいショートケーキに出合いました。

フレジエ
ryoko4.jpg
ショートケーキが日本代表なら、フレジエはフランス代表ですね。
こちらのクリームはカスタード&バターが主体のムースリーヌ
なのですが、通常ムースリーヌというと、バターが入っているため
カチっと固まっているイメージですが、こちらのは、メレンゲが多い
のでしょうか、とても空気感があって、口の中でササッと溶けていく
感じです。コクがありながらも、軽い感じでに仕上がってます。
生地はジャポネよりしっかりとした食感でアーモンド風味です。
この時期、ジャポネとフレジエはセットで味わうべきですよね!

モンブラン
ryoko3.jpg
ryoko3-1.jpg
こちらのモンブランはわりと複雑な構成になっておりますね。
下から、ダクワーズのような、マカロナードのようなムチっとした卵白生地、
カスタード風のクリーム(ムースリーヌか)を中心として周りがシャンティー、
真ん中に栗がゴロっと入っており、さらにその上は軽い食感のマロン風味の
クリーム、そして一番上がそば状の和栗のマロンクリーム。
モンブランに関しては、中身はサクッと系のメレンゲとシャンティー
といういたってシンプルなものが本来好みなのですが、
このモンブランの一つ一つの要素がすべて美味しく、
和栗の風味も効いており、好印象でした。

タルト・フロマージュ
ryoko5.jpg
見ての通り、生地がとても薄く、しっかり焼いてあります。
アパレイユはフランス産クリームチーズを使用しているとのこと。
非常になめらかでクリーミー、バニラの香りがして、これは
みんな好きなお味でしょうね。
私としては、タルトはもっと生地の存在感があってもいいぐらいと
思いますが、ここは意見がわかれるでしょうね。

ココ
ryoko7.jpg
下からココナッツ入りのクランブル?
ホワイトチョコレートのガナッシュ、
カスタード(ムースリーヌ?)、ジェノワーズ、ムースの5層構造に
上はシャンティーとパティシェールのストライプ。
ココナッツは思ったほど強くなく、喉を通った後に香りがリフレイン
してホワイト・チョコレートとカスタードと交じり全体的にミルキーなお味。

キャラ・ドゥ
ryoko6.jpg
このケーキ、一見2層に見えますが、下のチョコレートで覆われている
中は下からサクサクの塩入りクランブル・ショコラ、塩キャラメル、
ガナッシュ、ビスキュイ・ショコラが隠れてます。
さらに、その上にはムースとグラサージュ、トッピングはクランブル。
今回のラインアップの中では唯一パンチがきいてます。
下半分のしっかりと主張のある味や食感、それに対して上半分の、
クリーミーで優しい味わいのムースの対比が心憎いケーキです!

さすがに二人で分けて食べたと言え、ここでギブアップ!!

全体を通して、甘く、優しいカスタード系のお味の印象でした(キャラ・ドゥ以外)。
私の個人的な好みでいえば、甘かったらその分、酸味や苦みが効いている、
というインパクトがほしいところですが。
でもそれは今回の選択がたまたまだったのかもしれませんね。
どれも、はずれの無い美味しさなので、人気があるのは納得です。
また、他の種類も食べてみたいです。

そして、翌日食べたのが、
桃とフランボワーズのタルト
ryoko9.jpg
このタルト生地、非常に美味しいわ!
フランボワーズはフリーズドライをちりばめた感じ。
一緒に焼きこんじゃうと焦げるはずだから(経験済み)
焼きあがってからまぶしたのかなあ?
シンプルだけと満足の一品。他の焼き菓子系も試してみたいです。


JUGEMテーマ:スイーツ


| 日本のお菓子屋さん | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ケーキ食べられるなら駆けつけたいです!
| Naoko H | 2013/03/07 9:36 PM |
Naokoさん、
レッスンじゃなくって、食べるだけの会も楽しいかもしれませんね!こんどそんなイベント考えようかな〜
| わかば | 2013/03/08 12:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック