CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< リクエスト・クラス ブッシュ・ド・ノエル2005 | main | おせち2013 その2 >>
おせち2013 その1
 あけましておめでとうございます!!

みなさま、どのような新年をお迎えでしょうか?

私はというと、例年、
怒涛のようなクリスマスケーキのレッスンが終わると、
しばらく放心状態で動けず、
そのあとは反動で遊びまくり(飲みまくり)、
慌てて、掃除やら年賀状に着手するも全く終わらないままに大晦日を迎え、
恒例の我が家で友人とのホームパーティーをやっているさなかも、
おせち料理が完成しておらず、グラス片手に友人との会話に参加しつつも
立ちっぱなしで作り続け、いつしか明るくなり、徹夜のげっそりした顔で新年を迎える
・・・というパターンが続いておりました。

ところが、今年はどうでしょう。すべてが前倒しで終わり、大晦日はちゃんと
着席した状態で友人とゆっくり語りつつ、年越しのタイミングを迎えることが
できました!幸先よいスタート!!
今年はこのまま、ドタバタにならず、余裕を持って過ごせる一年に
したいものです!うーん、できるかな〜。


さて、そのおせち作りですが、(ジャムの実家に持って行くのですが)、
ここ数年同じものを作り続けております。
義理母はお料理がお上手で、お煮しめ、黒豆、紅白なます、きんとん、などなど
完璧に手作りなさるので、ありがたいことに私はそれをいただくだけ。
その代り、私はというと、少し変わりネタを担当いたします。
そんな時にお菓子作りの技や道具が意外に役立っています。
ちなみに、上2つは料理研究家加藤加寿子さんのレシピを参考にしております。


例えば、
ゆり根まんじゅう
yurine.jpg
ゆり根を湯がいて、シロップで煮て、それから裏ごしして
(写真がありませんが、実はこの下処理が一番面倒な部分です)
そのあと、ゆり根餡の一部を煮詰めたワインで着色して、
それから、赤・白が1:3ぐらいになるように測って、
それを茶巾で絞る。

裏ごしは和食の職人さんでもある生徒さんに効率のよい裏ごしのやり方を学んでから
だいぶスピードアップしました。
それに、餡は当然?電子計りで計量します。
これは普段、電子計りを使わない人からすると、
「なにもそんな正確さを追求しなくっても・・・やたらと面倒じゃない?」
と思われてしまうかもしれませんが、使い慣れている私からすると
むしろ、その方が早いのです。
計りの上に大きな固まりを置いてマイナス方式でやります。
(といって、この表現、通じるのは生徒さんしかいないと思いますが・・・)
しかも、餡が中途半端に残ることもなく、また、出来上がりもサイズが
そろっているというだけで見た目が2割アップして見えるはずです。
yurine1.jpg


海老の黄味寿司
ebi0.jpg

海老は湯がいてからひらき、
黄身餡は、大和イモをふかして、茹で卵の黄身と一緒に裏ごしして、塩・酢・砂糖で味付け、
加熱しながら練ります。
それを上の写真のように巻き簾でかまぼこ型に巻きます。
ebi1.jpg
普段からロールケーキで巻きなれているためか、これを初めて作った時から迷いは
ありませんでした。ってうか、巻き簾いいですね。滑りにくいし、なんだか力が均等に
入りやすい。だから、いったん巻いたのに巻き戻っちゃったとか片側だけ細くなっ
ちゃった…みたいなことがおきません。ロールケーキの時にいいかも!
と思って検索してみたら、あるんですね。
http://item.rakuten.co.jp/okashinomori/g01-28/
今度お教室で使ってみようかしら?


松風
matukaze.jpg
鶏挽肉を西京みそなどで調味し、本当はすり鉢でなめらかにするのですが、
私はバーミックスで「ガー」です。
後は、18cm角の正方形カードルに敷き詰め、上を平らにするときにはカードが便利。
通常と違うのが、白に加えて、黒い芥子(むしろお菓子ではこっちの方が使う)を
振り掛けて2色にします。
思わず定規を使っちゃうあたりも普段ビスキュイを切る時の感覚と同じ!


それ以外は鴨ロースとか
kamo.jpg
上の3つは毎年やっているので手慣れているのですが、こちらは久々。
そうなると、どの程度火をいれてよいか、感覚がつかめず、ちょっと火が通り過ぎたかな?

後は、こちらも巻きものですが、八幡巻き
niku.jpg
中は金時人参と牛蒡。牛肉を巻く方向を間違えたし、切り方も長すぎた。
やっぱり初めて作るものは完璧には行きませんね・・・


というわけで無事にお正月の食卓に出そろいました!
osechi.jpg

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


JUGEMテーマ:おうちごはん
 
| いえめし | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/384
トラックバック