CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< パリ・セヴェイユ、秋バージョン | main | ラ・パティスリー・デ・レーヴ@京都 高台寺 >>
マロンとアールグレーのタルト
11月、すでに街はクリスマスのイルミネーションも始まっていますね。
これを見て、いいな~って思うより、「ヤバイ!!」と焦る私です。
まあ、クリスマスのケーキについては近々ご案内することとして・・・
11月前半はまだまだ、みなさん大好きなマロン系にいきますよ!!
専攻クラスはパリの学校でも習った古くからあるマロン菓子、
「バルケット・マロン」をアレンジしました。

マロンとアールグレーのタルト


そもそも、バルケットとはフランス語で「小舟」のこと。
ですから、本来は小舟の形をした、小さなタルト型で
アーモンドクリーム入りのタルトを焼き、上にはマロンバタークリームを
絞り、クリームの部分をチョコレートがけするが定番。
私が最初に食べた印象ではかなり甘すぎだったのです、これが。
上のクリームがほとんどマロンペーストとバターで作られているので
甘い上に重め。さらに、そこにチョコレートがかかってますからね・・・
そのへんを自分好みにアレンジしました。

タルトに詰めるアーモンドクリームはアールグレーの茶葉入り。
その中に、ぼこぼことマロンを詰めちゃいます!


焼きあがると、こんな感じ。これだけで美味しいマロンの焼きタルトですね!


そこに口どけのよい、軽いマロンクリームを絞ります。



口の中で栗のほっくり感とアールグレーの香りが同時に広がります!


JUGEMテーマ:手作りお菓子
 
| 教室案内 | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/377
トラックバック