CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< サバラン・ショコラ・オランジェ | main | マロンとアールグレーのタルト >>
パリ・セヴェイユ、秋バージョン
なんか朝晩は冷え込むようになりましたね。
涼しくなったら、食欲がめきめきと出てきました!!

ノスタルジー


パート・シュクレの中には煮てあるドライ
イチジクがぎっしり、そして、底にカシスの
コンフィチュールが塗ってあるのが、もの
すごく効いてます!
下はしっかりとした焼きタルトのイメージ。
上はシナモンのムース、さらにマール酒?
のたっぷり効いたシャンティーとドライイチジク。
焼き菓子と生菓子両方の要素がある、このような
パターンのケーキが大好きです!
デザインもお味もく大人な感じ。


ガトー・ヴァニーユ

下から、パート・シュクレ、
フランジパーヌ(クレーム・ダマンド+クレームパティシェール)、
ホワイトチョコレートのガナッシュ、一番上はヴァニラのクレーム・・・
どの層にもとにかく、これでもかっ!というほどヴァニラがつまってます。
これだけ潔く、ヴァニラを主張していることに感動!


サバラン ヴァン ルージュ

やはりサヴァランは食べないと!!
このようにヴェリーヌ仕立てにするとシロップをたっぷり
含ませることができるから、理にかなってますよね!すばらしい。
下から、クレームパティシェール、サヴァラン生地
(フランボワーズと赤ワインのシロップに浸かっている状態)、
オレンジの果肉、シナモン、ヨーグルト風味のシャンティー・・・
と実にいろんな要素からなる構成。
でもこれらがバラバラにならず、素晴らしいハーモニーを
醸し出すからさすがです!!


JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック