CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< アカシエ | main | トロピカル >>
アステリスク@代々木上原
調布「スリジェ」にいらした和泉シェフが独立するということで
楽しみに待っておりましたが、5月に代々木上原に「アステリスク」を
オープンされたということでやっと行くことができました。

「スリジェ」はクラシックなイメージの老舗でしたが、「アステリスク」は
内装も、モダンな雰囲気です。お馴染のケーキもデザインが変わって
シックで洗練された装いになっておりました。

つい、先日になってイートインスペースもできたそうです。




タルト・オ・セゾン
季節のタルトということで、今はダークチェリーです。
一番下にシュクレ生地、その上はアーモンドクリーム
(通常のタルトのように側面にタルト生地はなく、
底だけです)
センターにカスタードベースのクリーム、その周りを
囲むようにフレッシュチェリーとクランブル、トップの
ピンクはベリーのイタリアンメレンゲのようです。

土台の香ばしさと、チェリーのフレッシュな感じの
組み合わせがいいですね。



カサノバ
夏バージョンのシブーストということで、タルト部部にはパイン、上のシブーストは
パッションフルーツとマンゴーのようです。



オペラ・デ・テ
直訳すると”夏のオペラ”。
オペラといえばコーヒー風味のバタークリームとガナッシュですが、
こちらはホワイトチョコレートのムースとアプリコット果肉入りの
ジュレ。元祖オペラのどっしりしたイメージとはかけ離れたさっぱりした
印象です。ただ、ひとつ共通しているのが多めのシロップしょうか。
元祖はあのしみだしてくるコーヒーシロップが特徴ですが、
こちらはパッションフルーツのシロップです。これが実はものすごく
効いており、目に見えない影の主役になっています。



オール
こちらはシェフのスペシャリテ。まだ食していない方はなにはともあれ、
まずこれは食べてみるべきではないかと。下のココア生地の層が
厚めですが、間にヘーゼルナッツのみじん切り入りのクリームが挟んであります。
その上はヘーゼルナッツのプラリネクリーム、アプリコットとパッションの
クリーム、アプリコットの果肉入りのジュレ(バニラが相当効いている)、
ヘーゼルナッツのプラリネクリーム、一番上はアプリコットのジュレ。
これは唸ってしまう美味しさ。オペラもそうですが、アプリコットとパッション、
この組み合わせとっても美味しいです!

まだまだ、試してみたいものがたくさん。近いうちに再訪します。


JUGEMテーマ:スイーツ
| 日本のお菓子屋さん | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック