CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< バレンタイン2012 | main | アンケート結果−過去のレッスンから >>
レ・サンク・エピス@青物横丁

先日、旧街道の雰囲気を残した街作りが話題の品川宿に、撮影実習で行ってまいりました。
そこで、下町風情の街並みの中、ちょっとおしゃれなパティスリーが目を引きました。

「レ・サンク・エピス」です。

あれ?聞いたとこあるな、と思って記憶をたどってみましたが、
そうそう、私の大好きなパリ・セヴェイユで修行されたという女性シェフの
お店が去年出来たということで気になっていたのでした。

青物横丁の駅から歩いて5分、私にとってはなじみのない場所。
またいつ来れるか分らないので、気になったケーキはすべて買っちゃおう!!
と意気込んでお店に入りました。

中は結構広く、イートインスペースも充実してます。
ショーケースも広々。

まず、真っ先に注目したのが、「ルリジュース・キャラメル」でした。
小ぶりでしっかり焼きこまれたシュー生地、見た目が「ピリッ」としてて、
これはゼッタイ私の好みという予感がしました。

↑ この写真はお店のHPから拝借しました。


そこで、「まず、ルリジュースは決定!その他、どれにしようかな―」
とショーケースを食い入るように見ながら、たっぷり時間をかけて選ぶことにしました。


そこに、初老の紳士が入ってきて、ショーケースをパパッと見渡し、おもむろに、

紳士:「えっと、なにこれ?このルル・ジュースってやつ?お酒入ってる?」
店員:「あ、ジュースですね、こちらはキャラメル味のシュークリームのようなもので
    お酒は入っておりません」
紳士:「あっそ、じゃあ、これ4つ頂戴


私:「えっ・・・」(心の声)
あわててショーケースの中をしゃがんで確認したところ、ルリジュースは5つ。
「ひとつ残るわ。びっくりした―。買い占められるかと思ったけど、
良かった、良かった」(心の声)
私はすっかり安心して、この紳士が会計を終えたらいよいよ注文しようと、
買うべきケーキの最終決定に入りました。

・・・と、

店員さんがルリジュースを箱に詰め終え、紳士が財布を開きかけたところで
紳士:「やっぱり、ちょっとまって」
店員:「はあ」
紳士:「これ、この同じやつ、やっぱり、もうひとつ頂戴


私:「えええええっ・・・」(声にならないほどのか弱い声)

普段のわたしだったら、
「あのう、実は私もそのケーキを買おうと思っていたのですが。
できれば、それを譲っていただけませんか?」
ぐらい言える勇気とずうずうしさを持ち合わせていると思っていたのですが・・・
そもそも、私の方が先に店にいたわけだし。

でも、一瞬ヒヤッとして、そのあと、やっぱり大丈夫、と安心して、
すっかり、ラストのルリジュースは私のものと思い込んでいて、
あまりの不意をつかれたものだから、言葉に詰まって何も言えませんでした。

そのあとは意識がもうろうとして良く覚えてません。
紳士が店を出た後、弱々しい声で、「もう、ルリジュースは残ってないのですか?」
と聞いた覚えはあります。

店員さんはよほど、私が気の毒だったのでしょう。
「すみませんでした。こちらサービスですので、是非召し上がってください。」
と焼きメレンゲをくださいました。

みなさん、私の立場だったらどうします?ちゃんと言いたいこと、言えます?



気分を取り直して、

その晩、友達二人も加わってゲットしたケーキの食べ比べ大会。

マール

タルトの中のアーモンドクリームにはカシスの実。
上はカシスとマール酒のムースの中にバニラクリーム。
外のカシスはさわやかな酸味、中は優しい甘さのコントラスト。
下はしっかり香ばしい焼き菓子で美味しいバランスでした。


オペラ

こちらは、ご存じチョコレートとコーヒーの組み合わせ。
結構チョコレートのグラサージュが甘め。

サヴァラン

こちらもお馴染サヴァラン。ラム酒風味&中はカスタード。
がっつりお酒きいているのが好みですが、こちらは私には
やや甘すぎかな。


ゆずショコラ オレ

ゆず風味のムースの中にミルクチョコレートのクリーム。生地は
レモン入りのダコワーズ。
手前みそながら、私もお教室で同じ組み合わせのケーキやりました。
やはり、さわやかな柑橘系と甘いミルクチョコレートの組み合わせって
合いますよねー。

みんなで分けて食べれるように1/4にカットして、盛りつけ直したら
結構これまたかわいい・・・
サバランも、1/4にして冷酒用のカップ入れてみました。


みんなで、ワイワイ言いながら食べ比べしました。



ああ、でも今思い出しても、ルリジュースが食べれなかったことが悔やまれます。

JUGEMテーマ:スイーツ


 

| 日本のお菓子屋さん | 02:52 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
美味しそうなケーキですね。青物横丁なんてなかなか行く場所ではないのですが、明後日美容院に蒲田に行くので時間があれば寄ってみたいです。

そして「言える!」って言いたいところですがいざその立場だったら言えないかもですね・・・。痛い。わかばさんの心の叫びが聞こえて心が痛いです(涙)。

余談ですが、ユーゴビクトールで今年チョコを買ったのですが、紙袋の用意が少なかったらしく三日目でもう袋がほとんどない状態。5000円のチョコレート以外は貰えないのかちゃちなビニールパックに入れられたので「紙袋は?」って聞いたら「もう少なくて・・・」と言葉を濁されました。3600円のチョコがビニールパック?ってちょっと衝撃。ただでさえチョコの箱が小さいから貰う人が分からなければ安っぽく見えてしまうではないですか〜!私の不服そうな顔に紙袋を譲ってくれようとしましたが、可哀そうなのでお断りしました。来年は紙袋沢山用意しておいてほしいですね。日本だと500円のチョコにも紙袋が常識なので。特にバレンタインデーはw
| HIRA | 2012/02/15 11:02 AM |
若葉さん こんにちは。
あの通りにそんなケーキ屋さんがあったのですか、小生は全く目に入りませんでした。
それにしても残念ですね、悔しいですね。
小生であれば、色々買い物する時には気に入ったものは会計は後でもすぐリーチします。
以前に佐野のアウトレットで小生の足に合う小さめのクラークスのデザートブーツを見つけましたが、それともう一足ワークブーツを買うつもりで物色をしていて、お気に入りが無かったのでデザートブーツだけでもと思い、店員に云ったらすでに売れていました、あのサイズは展示品だけで在庫が無いんです、ワンサイズ上なら在庫があるのですがと言われたのですが、大きめのを履いてもバカみたいなので、他の店に行ってスコッチグレインを買った事がありました。
普段は気に入ったものがあればまずそれを抑え、次に別の買い物をゆっくり物色する癖があるのですが、あのときは失敗しました。

それはそれとして、そのオジサンに声をかければ良かったのに・・・もともと4ッでよかったのでしょうから。
| ギョウコウ | 2012/02/15 1:05 PM |
HIRAさん、
ユーゴビクトール、美味しいですよねー。今年は買いませんでしたが・・・そういえば、私は下の記事に書いたように今年はネットオーダーしたのですが、5000円以上したチョコレートに関しても、紙袋は入っていたものの、ショコラティエのロゴが入ったものではなく、チェック柄でお馴染の伊勢丹のものでした。それだってまだ、ビニールバッグよりはマシですが、いずれにしてもがっかりですよね。(私は自分用のチョコレートだからいいですけど・・・)プレゼント用だとするとかなりそれだけで印象が違いますね。


ギョウコウさん、
私も、絶対欲しいものは、先に言っておくべきだと後悔しましたー。でも、他のものを時間をかけて、説明書きをじっくり読んでから決めたかったし、その間、販売員さんを待たせているのも悪いかなと思ってまとめてオーダーしようと思ったのが間違いでした。こんなことがあると、これからはかなり慎重になると思います!!
| わかば | 2012/02/16 1:16 AM |
わかばさん、
お久し振りです。実はレ・サンク・エピスさんは私のお気に入りのパティスリーで、
月1〜2ペースで通い詰めてます。

ルリ・ジューズ、絶品です〜&#9829; カラメルの香ばしさが想像以上です。クリームも
パティシエールとキャラメル・クリームの両方を、混ぜないでひとつのシューに
詰めてあって…これは何度いただいても「おぉ〜!」と思います。生ケーキに加え、
焼き菓子のタルトや地方菓子のミルリントンなども美味しいんです♪

今週、春の新作が何点か出てましたので、また是非いらしてみてください!
| アニュ | 2012/02/23 1:25 PM |
アニュさん、こんにちはー。
そうですかー。お気に入りだったのですね・・・
ルリジュースのクリームが2層になっているのですねー。
それは興味津津。この間は悔しい思いをしましたが、
やはり、また、近いうちに行きます。
| わかば | 2012/02/23 11:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック