CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< オモニエール・マロン | main | 青リンゴとシナモン・キャラメルのアントルメ >>
ヴィロンの朝食
なんだか、ヴィロンに関する投稿が続いてます。
決してまわし者ではないのですが・・・

パン好きの人には有名だと思いますが、渋谷のヴィロンでは
9時〜11時までのモーニングセットがあります。
今日はこれ狙いで行ってまいりましたー。
セット価格は1260円。
甘くないパンは名物バゲットのレトロドールとセレアルの2種、
そしてヴィエノワズリー系(デニッシュ)は2種類を選べて
それにドリンク、コーヒーはおかわり自由です。

それにしても、ここのヴィエノワズリーはどれも大きい!
日本サイズではありませんね。
パン・オ・レザンなんて軽く手を広げたぐらいの大きさです。



何が魅力かって、コンフィチュール・ハチミツ・ヘーゼルナッツとチョコレートのペーストが
入ったトレーが運ばれてきて、これを好きなだけ付けて食べれるのです!!



いくらでも付けていいと言われると、最初はものすごく嬉しくて、盛り上がります。
そこでエシレバター(420円)を追加し、
バゲットやセレアルに色々塗って食べ比べながら進みます。

なんせ、相方のあだ名はジャムというだけあって・・・
わたしより、明らかに、喜んでいるようにも見えます。
ただ、ひたすら、パンに色々塗ってはパクパク。
ときどき喉が詰まりそうになり、コーヒーで流し込む・・・

が、しかし、甘さがじょじょにボディーブローのように効いてきます。

ひとしきり、全種類のコンフィチュールを試して、お互いのベスト1を決定し、
飽きてきた頃、デニッシュ系が残っているのです。

その頃になると甘さが口の中に充満してちょっとつらいです。

私も年をとったもんです、かつては、これぐらい、ペロッと平らげたはずなのに。

隣の席の女性二人は最初はかなりはしゃいでいたはずなのに、
私たちと同じ道をたどって、デニッシュに辿り着いたころには、
もう、甘いものは受け付けなくなったのでしょうか、ショーソン(アップルパイ)と
パン・オ・レザンに全く手を付けずに席を立ちました。

そして、私たちもしまいには、
「なんか、つるっと、そばでも食べたいな」
なんて言いながら店を後にします。

でも、パンもコンフィチュールも確かに美味しいのです。
だから、しばらくすると、最後がどんなにつらいことになったかを
すっかり忘れて、また、行きたくなるでしょう。

| そとめし | 16:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
私は最後はお土産にしちゃいますw そして最初からそんなに甘いジャムをつけたりしてないかも。一番遅い時間に入って、エシレバターでシャンパン頼んでせっせと食べてる・・・(笑)。
| HIRA | 2011/10/03 6:28 PM |
HIRAさん、

そうですよねー。
まるっきり、残していた女性二人組には、
「お土産にしてもらったらどうです?」って
声をかけようかと迷いましたが、大きな
お世話かな?なんて思ってやめちゃいました。

私たちは「つらい・・・」とか言いながらも、
お土産にするほどは残りませんでしたが・・・。
| わかば | 2011/10/04 11:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/321
トラックバック