CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 最近のお気に入り道具 | main | 夏休み−つづき >>
夏休み
お暑うございます。

お盆休みが終わりましたね。みなさま、夏休みはどのように過ごされたのでしょうか?
私は旅行がおジャンになった欲求不満を解消するために、近場でちょくちょくバカンスまがいな
ことをしておりました。熱海に一泊いったり、都内のホテルでプールやスパに入ったり・・・

それにしても、思いつきで「今週末空いてるかな~」
とダメ元で調べた、旅館や都内のホテルすべてに空室がありました。
「ラッキー」と喜びつつも、「こんな状況でこの国、大丈夫かしら」と不安な気も。
やっぱり震災の影響は想像以上のものがあるような気がします。


そんなことはさておき、
オーソドックスな旅館好きですが、今回はイマドキな感じの個室露天風呂があって、
お食事は部屋ではなくってレストランで食べる、旅館とホテルのイイトコどり、な感じの
ところに泊りに行きました。

源泉かけ流しの湯が部屋にあるので大浴場に行かなくてもいい感じです。

温泉に浸かりながら、完全にふやけるまでテレビ見て、ビール飲んで・・・


とはいえ、残念なことに料理がいまいち。

やっぱり、新婚夫婦じゃあるまいし、ムードとか個室空間より、美味しい料理の方が重要という
ことを再認識したわけです。


そして、帰りに天城山で驚きの光景に遭遇しました。


野生の鹿!!

ミーハー旅館からドライブすること小一時間で、こんな秘境があるとは。
「えっ?あれって、もしかして、鹿?」
・・・と私が叫びながら車を降りると、あちらも驚いたように振り返り。


雄の角、立派です。



奈良公園で見た鹿は人間慣れしてて、お構いなしに食べ続けておりましたが、
この野生の鹿は一瞬こちらを見て、驚いて、眼を合わせて、しばらくしてから
立ち去るというパターンです。

なんでこんなにたくさんいるんだろうと思いましたが、偶然今朝のテレビで温暖化の影響で
野生の鹿が増えているというニュースをみました。
なんでも雪が少なくなり冬に自然死しなくなったことが原因だそうです。

こんなことなら望遠も持ってくればよかった。また改めて鹿を撮りに来てみたいと
思います。





| 雑記 | 00:30 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
わかばさん おはようございます。
いい休暇が取れて、そして鹿のいい写真が撮れてよかったですね。
確かに日本全国で野生動物が増えつつあるようです、気象環境等々いろんな因果関係があるようですが、その一つにハンターの数が減少している事もあるようです。
現地の人は農作物被害・植林被害等で困っているようですが、たまに行く都会人にはいい癒しになりますね。
| ギョウコウ | 2011/08/19 10:57 AM |
ギョウコウさん、
本当に癒されましたー。
奈良で見たふてぶてしい鹿と違って、本当に可愛かったのです。あのツブラなオメメを見てしまったので、これからは鹿が食べられなくなりそうです。
| わかば | 2011/08/19 11:57 PM |
お久しぶりです!
静岡県内だと、山間部に野生の鹿は結構出没するようですよ。
私は遭遇したことありませんが、友人は鹿と並走したそうです。
教習所では「高速道路で鹿が目の前に飛び出してきたら、そのまま撥ねるように」って教わりましたし〜(^^;

伊豆半島の鹿は数が増えすぎたことが問題になっていて、県内ニュースでもたまに特集されてます。
鹿肉の加工工場も出来たはず。。。
静岡東部のフレンチレストランに卸してるってやってましたから、そのうちジビエが名物料理になるかも?
| tiny | 2011/08/29 12:15 AM |
tinyさん、
こんにちはー。お久しぶりです。
そうそう、私も「鹿・伊豆」で検索していたら、
フレンチじゃなかったけど、鹿鍋のお店とか結構
でてきましたー。やはり、増えすぎなんでしょうね。
いままで、フレンチで鹿好きだったけど、
しばらく食べる気になれません・・・。
| わかば | 2011/08/31 8:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/313
トラックバック