CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
<< サダハルアオキの「フラワーフェア」 | main | バラでつぶやく >>
マルジョレーヌ
今のところ、6月前半までしか、お教室のスケジュールが出てないし、
また、新作もないことから、長年通ってきてくださっている生徒さん数名から
「6月はこれだけですか?」というお問い合わせを受けてしまいました・・・。

いえいえ、ちゃーんと、準備はしているのですよ。

ただ、6月後半、ちょっと別件の仕事などで忙しく、まだお教室の日程が
確定できずにいたものですから・・・。
いつも直前になってしまって、ご迷惑おかけします。
す、すみません・・・

予告だけでもと思って! フランス菓子らしい、一品です!


ガトー・マジョレーヌ


このお菓子は、フランス料理の大家、フェルナン・ポワン氏がオーナー・シェフを務めた
伝説のレストラン「ラ・ピラミッド」のスペシャリテです。1933年に三つ星を獲得し、
55年にポワン氏が亡くなった後もさらに30年間、マダムが店と味を守りつつ、
3つ星の地位を維持したというレストラン。

日本には、ピラミッドのマダムと親交のあった辻調理師専門学校の創設者である、
辻静静雄氏が紹介したのが初めてだそうです。

そういえば、海老沢泰久氏の「美味礼讃」は辻静雄氏の伝記的小説で、私の愛読書
ですが、おそらく会社を辞めて、この道に入るきっかけとなったといってもいいぐらい
影響を受けた本です。辻氏とマダム・ポワンの親交については、この本に詳しく
書かれております。良かったら読んでみてくださいね!



生地はヘーゼルナッツとアーモンドをローストして粉末にし、メレンゲと合わせて
さっくりと焼きます。そしてその間は、下からガナッシュ、プラリネシャンティー、
シャンティーです。

間に入っているクリームがシャンティー(つまり生クリーム)というのが当時としては画期的
だったそうです。昔はバタークリームが主流ですからねー。



生地は市販のプードルではなく、ナッツを挽いて作ったら、本当に香ばしく
出来ました!!

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 教室案内 | 00:30 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
これ作りたいわ! 日程決まったら教えてくださいませ。
| 麻子 | 2011/05/20 3:40 PM |
麻子さん、
はい!もちろんです。メールしますね。
| わかば | 2011/05/24 2:51 AM |
うそー、わたしも大学の時に、美味礼賛、よだれ
たらしながら読んだよ。大好きよ。あの本。
| ゆじん | 2011/05/26 1:19 PM |
ゆじん、
そうねー、あの本は食いしん坊にはたまらない本ね。体を張って食べているところに共感もてたわー。
| わかば | 2011/05/28 11:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/297
トラックバック