CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 晩秋の美瑛 1 | main | 晩秋の美瑛 3 >>
晩秋の美瑛 2
翌日、気温がだいぶあがりました。
おかげで雪は溶けましたが、お天気がいまいち。

突然の雪のせいでカラマツの葉がだいぶ落ちてしまいました。
見てください。この黄色い粉・・・カラマツの落葉です。
畑の緑と茶、その上に黄色い粉がふりかかり、トリコロールになってました。



早朝の散歩をしていたら、一瞬雲の切れ目から太陽がのぞき、畑と森林照らしてくれました。
これこれっ・・・こういうのが撮りたかったのよ!



どんより曇りの中、わずかな太陽を求めて、ガイドさんはあちこちとこまめに車で移動してくれます。







ここも、カラマツの黄色い落葉が緑の畑に降りかかってます。



途中雲がどっぷりを覆いかぶさってきましたが、切れ目から光のカーテンが!!
とっても神秘的な光景に出合いました。


白銀温泉にも足を運びました。白髭の滝です。

地表の岩肌に湧き出た水が、そのまま美瑛川に流れ込んでおり、
ここは温泉成分が流入している関係で、川の水がエメラルドグリーンや
ブルーに見えるので、とても神秘的です。
(写真の色は調整してません!本当にこんな色です!)






JUGEMテーマ:photo
| 旅行 | 15:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
わっつさん こんちには。
美瑛気鮓ていて北国はもう冬景色かと思っていました。
気箸覆譴佚然兇あると思い楽しみにしていましたが、兇倭漢外磴κ薫狼い任垢諭
どれも綺麗に撮れていて最初の4枚は美瑛の雰囲気そのままで観光ポスターのようです。
私は5枚目が特に好きです(自分でもこの雰囲気を何時も狙うから)。

新宿歴史博物館のメール有難うございました、私のブログコメントでお礼をしたんですが宛先を忘れていました、初心者はなにかドジを踏みます。
| ギョウコウ | 2009/11/09 1:25 PM |
ギョウコウさん、都心では空が大きく見える場所がないから、なかなかこのような幅のひろーい光のカーテンが見れませんから貴重ですよね。
| わかば | 2009/11/10 12:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック