CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 京都(スイーツ編) | main | 特選素材! >>
京都(食事編)

一日目の夕食に行った割烹の「岩さき

中はL字カウンターで6席のみ。奥に個室もあったようです。写真は撮りませんでしたが、
ご主人が休日のたびに買いに行っているという骨董の器に盛られたお料理はどれも
見た目が美しい上に、美味。
夜の一万円のコースは東京だったら同じ値段ではありえないほど充実した内容です。

気さくな女将さんのサービスがとても気持ちよくて、とにかく敷居が高すぎない
リラックスした雰囲気でコストパフォーマンスのよい、おいしい和食を食べたい!
という方には絶対お勧めです!

食べたものは自分のメモとして記録しておきます。
筍・車えび・ウニの吉野酢かけ あぶらめん(あいなめ)のお椀 グジとトロのお造り 桜鱒の南部焼き 大葉の飯蒸し 花わさび・筍・セリ・鰆の鍋 丹波牛みすじ肉の網焼き 白ご飯 お漬物 すっぽんちりめん 蓬麩入り赤だし 日向夏といちご わらびもち

花わさび・筍・セリ・鰆の鍋は鰆の旨味とわさびのさわやかな風味が溶け出ている出汁を最後まで飲み干せずにはいられませんでした。

丹波牛のみすじ肉とは牛の肩甲骨の辺りから一頭あたりほんの少ししか取れない部位とのことで本当に美しい霜降りでやわらかくて驚きました。

また白米も印象的でした。食事の進み具合を見て目の前のお釜で炊いてくれるのですが、ひょっとして私の中では白米ベスト5に入るかもしれないぐらいおいしかった!お釜が噴いてきたころに一瞬蓋を空けて中をかき混ぜるのですが、こうすると、ベタっと固まらず、ふっくら炊き上がるそうで、それ以来家でも実践してます!

ちなみに、最後の白ご飯と一緒に出される、「すっぽんちりめん」に感動しました!
ご主人がすっぽんから取ったスープを使って、女将さんのお母様が炊いたものだそうですが、
筍や生姜のみじん切りが入っており、そしてすっぽんの旨味が利いているだけに普段食べるものより数段上!はっきりいって、今まで食べた中で一番です!
こちらは電話で予約できるので、毎回買って帰りたいと思います。



2日目の昼食「桜田」

八寸:ホワイトアスパラ黄身酢、トマト、白和え、茄子の田楽、鯛子、きゅうり、桜鱒など
蓬と海老入り饅頭のお椀 鮪・烏賊・鯛のお造り えんどう豆の飯蒸し
揚げ筍と若布の炊き合わせ 穴子・鯖・鯛の寿司と土筆のちらし寿司
フルーツのゼリー寄せ イチゴソース

お昼の一番お安い5千円のコースだけに、そんなに高級な素材は使われておりませんでしたが、
お出汁が上品で、どれもおいしかったー。飯蒸しは単なるグリーンピースご飯に見えるかもしれませんが、まったく別ものですよ!筍は一旦素揚げしたものだったので、こっくりとした
旨味があって、新鮮でした。また最後のお寿司にはちょっと驚きましたが、お昼としては楽しくって
よいのではないかと思います。また夜に行きたいと思います。



同日の夜はおばんさいのお店「めなみ」へ

ここは割烹や懐石に比べればだいぶカジュアルですが、仕事の丁寧さ、そしてお味そのものも
決して負けていないと思う優秀なお店で、リピートしてます。
「めなみ」が家の近くにあったら通いつめるのに・・・といつも言っているぐらい。

グジのお造り 白アスパラの黄味酢がけ 湯葉の春巻き 筍の付焼き わらびの篠田巻き
地鶏と花山椒の鍋 おからとえんどう豆のご飯

どれもお酒が進んで、もう大変。

特に地鶏と花山椒の鍋はお気に入り!花山椒をかじると一瞬ピリッとしたが痺れる感じがたまりません。地鶏は外がしっかり焼き目がついているけど、中は火がちょうど入ったぐらいで絶妙。この鍋は家でも再現してみたいです。



そして、3日目の夜に行った、「高台寺 和久傳」 
それは、それはおいしかったですよ。

桜茶 うに・白魚・菜の花土佐酢ゼリー寄せ
筍・卵のお椀(これがすっぽんの出汁で悶絶するほどおいしかった!)
穴子のお造り(穴子の刺身は上品なお味ですね。孔雀に見立てた盛り付けもきれい)

しばらくすると火鉢が用意され(結構暑かった・・・)

用意されたのは、山うど、鯛の白子、幼鮎

贅沢にも、個室で目の前で焼いてもらいます。
山うどは焦げていない中身だけ取り出してくれるのですが、ホクホクして甘くって思わず、「これサツマイモですか〜」と叫んでしまいました!おいしくって結局焦げた皮も食べましたが・・・
鯛の白子は本当に上品ですね。当たり前ですが、鱈とはワケが違いますね。
そして幼鮎、もちろん頭からバリバリと一気に・・・



お口直しとして、わらび粉で作ったという くずきりのようなもの(生姜・酢醤油味でさわやか)
鯛子とえんどう豆の炊き合わせ
そして 丹波牛と花山椒(昨日の地鶏と花山椒もおいしかったけど、こちらもすばらしぃっ・・・)




そして、〆のご飯は数種から何品でも、量もお好みで選べるのです!!穴子の卵とじ丼・わさび菜のお茶漬け・レンコン雑炊 



そしてデザート


最初は、「お値段からしてもおいしくなかったら驚いちゃうよね」などと夫婦で言っておりましたが
いざ体験してみたら、「この値段でお得感あるよね」とまで感じられるほどの満足。

さすがです、完敗です。

JUGEMテーマ:グルメ

| そとめし | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/111
トラックバック