CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
ブログ村
MOBILE
qrcode
<< 桜のレアチーズケーキ | main | ラ・ヴィエイユ・フランス − 最近のイチオシ >>
アピシウスで酒宴
恒例のフレンチ好き友人たちとのお食事会がありましたー
前回はアールデコ調のシンプル・モダンのこのお店に行きましたが、
今回はうって変わってアールヌーボー調の重厚な雰囲気。
いきなり、ロダンのブロンズ像やらシャガールの絵画に圧倒されます。

アピシウスといえば、バブル期には本当にお高いフレンチという
イメージでしたが、ランチは5000円のコースがあるんですね。
時代は変わりましたねー。
・・・とはいえフレンチのお値段はワイン次第ですけどね



そして、今回も個室です。「サロンガーネット」・・・だそうです。
ガーネットで統一されているインテリアが素敵でした



やはり、料理もインテリアに応じてロージエに比べるとだいぶクラシック。



左上から順に・・・

アミューズ:
ブランダード(魚のミルクやじゃがいもと一緒にペースト状にしたもの。お魚はなんだったか失念)

アラカルトから追加オーダー:
茹でた佐賀県産ホワイトアスパラガス ゴンドラに乗せて オランデーズソース

前菜:
国産うなぎのスモークパイ添え グリーンピースソース or
鶉の軽いブランケットをクレープで覆った海老風味のソース

メイン:
仔羊肉のエギュイエットとそのピラフ添えにポテトのブーランジェールのピュレ or
子鯛のフィレのポワレ シンプルなアサリのジュ

アラカルトメニューから追加でオーダーした白アスパラはフレッシュで美味。
オランデーズソースはマヨネーズっぽすぎず、泡状で軽いのがマッチしてました。
私は 前菜は鶉、メインは仔羊にしましたが、鶉はアメリケーヌソースが
フレンチの王道っぽくってとっても好みでした。
メインの仔羊はうーん、基本的に仔羊は好きなのですが、時として、臭いが気に
なってしまいます。おそらく、赤ワインやマデラ酒などを使ったソースだと大丈夫
なのでしょうね。今回のじゃがいものピュレだとちょっと気になってしまうのです。
まあ、この臭い自体が好きな方もいらっしゃると思いますが・・・



さらにチーズとデザート、おなかいっぱいとかいいつつ
結構とってしまうものです・・・
チーズの種類が豊富でどれも食べごろ・・・このへんはさすがです。


一般的には男性の方がよく食べると言われますが、はじめは勢いよく飛ばしている
男性メンバーはお腹が満たされてしまうと一気にペースダウン。

それに比べ、女性は満腹になっても、興味だけで食べれるというか
頭で食べるというか、とりあえず味見してみたい・・・
という探究心だけでさらに食べ続けるものですね。

短時間の大食い競争だったら男性に負けますが、
長期戦だったら絶対に負けない気がします!!


そしてワイン・・・



これ以外にもデザートワインとしてセレクション・グラン・ノーブルも
いただいてしまいましたー

質の良いワインがリーゾナブルというフレコミで今回はこのお店を選びましたが、
そもそも、高ーいワインが多少安いわけで・・・


私にとってもはどっちみち高いよ!


ああー、だれかおごってくれないかしら。


JUGEMテーマ:グルメ
| そとめし | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakaba-k.jugem.jp/trackback/103
トラックバック