CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
RYOURA菅又シェフの講習会

******************************************************

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

******************************************************

 

 

先日、RYOURA@用賀の菅又シェフの講習会に参加しました。

 

 

「パンドジェンヌ テヴェール・フランボワーズ・リチ」

(抹茶、フランボワーズ、ライチのパンドジェンヌ)です!

 

IMG_5708.jpg

 

 

リッチな焼き菓子のパンドジェンヌを夏向けに仕立てたということで

興味津々でした。

 

 

IMG_5709.jpg

 

生地はしっとり、バターの香るパンドジェンヌなのですが、

そこにライチのピュレが加わると、抹茶と相まって

夏でもパクパクと食べれる、さわやかさを演出してくれます。

 

中に酸味の効いたフランボワーズのコンフィチュールを忍ばせ、

たまに出てくる酸っぱいツブツブが良いアクセントになります。

 

 

一件シンプルな焼き菓子ですが、

コンフィチュールや艶出しのナパージュに至るまで自家製。

お店のオリジナリティーを出すための工夫など

とても勉強になりました!

 

 

 

お楽しみの試食は、

スペシャリティーのアントルメ「スワイユ」

それに、「エクレール・アンソレイユ」、「マカロン・テ・カシス」も!!

 

IMG_5713.jpg

 

 

IMG_5717.jpg

 

 

これだけでも大満足だったのですが、

お土産もたくさん!!

 

 

IMG_5718.jpg

 

クッキー2種と焼き菓子。

それに加えて、左のパッケージは

レシピを早速おうちで再現できるようにと・・・

一台分の材料が!!

 

IMG_5733.jpg

 

 

普段、計量してばかりしている側なので、計量済みの材料をいただけるなんて、

とっても、うれしい!

 

 

一台分ごとに計量して、パッケージングするってかなり面倒なことですよね。

参加者全員の分を用意してくださるなんて、感激です!

 

 

 

 

正直いって、講習会で習ったケーキ、

その場では「絶対つくるぞ!」と思っていても、

実際は作らないことが多い、ものぐさな私。

 

 

 

 

でも、ここまでしてもらったら、そりゃ作りますとも!!

 

 

本当にためになる講習会でした。

 

 

次回は実際作ったお写真を!!

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:スイーツ

 

| 日本のお菓子屋さん | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やっぱり大好き、アカシエのケーキ

******************************************************

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

******************************************************

 

 

東京には本当にたくさん美味しいパティスリーがあるとは思うのですが・・・

 

「どれもこれも、美味しい!」と感動するレベルは少ないです。

(あくまでも私の個人的な好みで言っておりますが)

 

 

 

そんなお店の筆頭が浦和の「アカシエ」さんです。

近くにあったら通いつめるところでしょうが、なかなか浦和には行けず。

そしたら、新宿伊勢丹に出店しているではありませんかっ!

 

 

 

シューココ

中にはしっかりを酸味の効いたのレモンクリーム、

その上は甘いココナッツ✖ホワイトチョコレートのシャンティー。

このメリハリが大好き!

しかも、私好みのしっかりと焼きの入ったシュー生地。

微妙な塩味とバリっとした食感が良い仕事をしてます。

 

 

 

ムラング・シャンティー シトロン

メレンゲもクリームもしっかりレモン!!レモン好きにはたまりません。

メレンゲのホロホロっとした食感とクリーム。甘くなりがちなメレンゲも

酸味があるといくらでも食べれてしまいそうでこわい・・・

 

 

 

タルト・ペーシュ

なぜでしょうか、この時期桃を使ったタルトはよく見かけるのですが、

ひときわ美味しい・・・

中にゴロゴロっと果肉が入っているのが秀逸ですね。桃のジューシーさが

口いっぱいに広がります。

そして、タルト生地やクレームダマンド?も旨い。これだけで食べても

美味しいのはダマンドじゃなくてフランジパーヌかな?

 

 

 

デリスマカデミア

これは毎回買ってしまうのです。

レッスンで最近作ったミゼラブルのアレンジのような構成です。

 

バタークリームにマカデミアを使うってすごいです。

ナッツの中でも、油分が多く、こってりしたマカデミアですよ!

「いったい何カロリーあるんでしょう」なんてことは考えてはいけません。

 

旨みの強いバタークリームにグスっと崩れやすいマカデミアが混ざって

とても罪深い逸品。でも、美味しいと「くどい」とは感じないのです。

このマカデミアの独特の食感が良いのでしょうね。

例えばローストアーモンドのホールがこれだけ入っていたら「ガリガリっ」

とちょっとウルサイかもしれません。

シャンドワゾーのミゼラブルと甲乙つけがたいバターケーキの2トップです!!

 

 

 

でも、伊勢丹出店は今日で終わり、(気が付くのが遅すぎました)

今から行ける方はぜひ!!!

 

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏のケーキ Ryoura@用賀

******************************************************

その他募集中のクラス 

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

あたたかくなってきました。

今週末からは夏のような陽気になるそうです。

 

そうなると、不思議なもので、ちょっと酸味のあるケーキが食べたく

なりますね。

 

 

 

ミルフィーユがあまりお好きではないとう生徒のNさん。

ところが、お知り合いの方にいただいたRyouraのミルフィーユは

「はじめて美味しく感じた」そうです。

 

 

「プレーンのミルフィーユにも見えたけど、薄い茶色の層があった」

とのこと。

 

 

そこで、早速探しに行ってきました、Ryouraへ。

 

 

ミルフィーユ・エスカルゴ

IMG_3032.jpg

 

黄色いクリームは

レモン風味のムースリーヌ(カスタードベースのバタークリーム)。

バターが多いクリームなのでパイ生地がしけらないのが良いですね。

レモン風味なので重たく感じません。

 

そして、薄い茶色い層はドライフルーツとナッツが細かく砕かれた

ものがコンフィになっている状態です。
こちらもけっこう酸味があります。アプリコットかな?

これが薄いのに、よいアクセントになっております。

 

か・な・り好みっ! あっというにペロリと完食。

 

今までのここのお店で食べたケーキの中で一番美味しいと

感じたかもしれません! 

 

 

 

他に買ったもの。

 

 

日向夏のタルト

IMG_3028.jpg

見ても通り、定番のパートシュクレにアーモンドクリーム、カスタード、

そしてフルーツという構成です。

そういう意味では味はある程度想像できたはずです。

 

ですが、このタルト、想像したよりもはるかに美味しかったのです!

生地の色を見てもらえばお分かりになるかもしれませんが、

良〜く焼かれており、それがとても好み♪

下の香ばしい焼き菓子部分と上のさわやかクリーム&柑橘の組み合わせが

ステキです。

 

 

さらに

 

ヴェリーヌ ルージュ エ ノワール

IMG_3020.jpg

どのお店にいっても、ついつい買ってしまうサヴァラン。

生地には赤ワインシロップ浸してあり(これがルージュなのか?)、

その上はカスタード、フルーツはオレンジとプラム(これがノワールなのか?)

スパイスが効いており、かなり大人向き。

 

 

こちらは、今日までのようです。

次のバージョジョンはフロマージュブランと蜂蜜、グレープフルーツ

ということらしいので、この方がこれからの季節には向いている

かもしれませんね。

 

 

そろそろ5月のレッスン案内の時期となります。

こちらも酸味を生かした初夏向きのラインアップになりますので

こうご期待です!!

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日の断面 Ryoura@用賀

******************************************************

募集中のクラス 

ガトー・サンマルクはこちら

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

シリーズ本日の断面

今回は地元で買ったケーキ!

 

 

ここのところ、天気は荒れてますが、気分は春ですね〜。

 

 

何故かな〜と考えてみたら、

お店のディスプレイがどこもかしこもピンクだからではないでしょうか。

いつの間にか、頭の中も春。

 

個人的にはワインショップで、ロゼワインやロゼシャンパンが

並んでいるのが一番気になります(笑)

 

 

さて、そのような状況でケーキ屋さんに入ると

どうしてもピンク系のケーキに目が行くのです。

 

 

ミルフィーユルージュ

IMG_4831.JPG

ミルフィーユの間にベリーのムース&ジュレ、上にベリーのシャンティー♬

外から見て買った時には、中がこんな凝った作りになっているのは気が付きませんでした。

”萌え断”ですね♪

甘酸っぱいベリー系&塩気の効いたパイ生地のコントラストがステキ。

 

 

 

 

エクレールグルマンディーズ

IMG_4833.JPG

季節ごとに出る豪華版エクレア。こちらも、美味しい!

 

 

 

 

でも、反動なのでしょうか?

こういうものを食べた後は必ず 「ど定番」なものが食べたくなります。

例えば、バニラたっぷりのカスタードが詰まっているミルフィーユや

チョコレートカスタードが詰まったエクレアなど。

 

 

 

 

・・・というわけで無理やりですが、

今月のレギュラークラス、定番中の定番、サンマルク。

今朝のおめざです♬

 

ラトリエ・ドゥブルヴェのロゴの焼き印を押してみたら

失敗・・・ただの焦げ跡のようになってしまいましたが・・・。

 

 

まだお席に余裕があります。

初めてお申込み・お問い合わせは こちら

 

 

これ以降のレッスンは春色になります〜

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小布施堂の「朱雀モンブラン」

******************************************************

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

現在募集中のクラスは

 

専攻クラス

アントルメ ショコラ・レ&ゆず  → こちら 1月31日(火) 1名様

エクレア  “フォレノワール”   → こちら  

2月11日(土)11:00〜14:00 1名様

2月12日(日)11:00〜14:00 1名様

2月19日(日)11:00〜14:00 1名様

 

******************************************************

 

 

季節外れですが・・・

 

 

長野の小布施堂といえば、栗好きの間では知らない人がいないであろう、

究極のお菓子、栗の点心「朱雀」。

 

栗餡の上に、細い麺状の蒸し栗の裏ごしが、ふさふさっともられている、

遠目からは、もり蕎麦にしか見えない、アレです!!

 

季節限定、本店のみの販売、お持ち帰り無しということで

このお菓子を求めて早朝3時、4時台からから並ぶそうですね。

 

いつか食べてみたいと思いつつ、まだ果たせてません。

 

 

ところが先日

 

 

新宿伊勢丹の小布施堂で「朱雀モンブラン」を発見。

こちらは、「朱雀」そのものとは違いますが、その雰囲気を保ちつつ

洋菓子のモンブランに仕立ててあります。

もともと、11月ごろまでの販売予定だったところ、好評のため、

今年の3月まで期間を延ばしたとのこと。

 

早速お買い上げ。お値段は1,458円。

少々お高いのですが、サイズが大きいので(直径10cm弱)

二人でシェアしてもよいかもしれません。(私は一人でペロリですが)

 

IMG_9709.jpg

 

凛としたたたずまい。ほんのりと木の香りがします。

 

中身はというと・・・

 

IMG_9716.jpg

上から栗のクリーム、生クリーム、スポンジ、栗餡、スポンジ、

渋皮煮、両サイドにカシス。そして土台はタルト生地。

 

 

さすがに、栗のクリームは美味です。

甘さ控えめで、ホクホクッとした栗の風味が堪能できます。

そこに生クリーム、やわらかいスポンジと栗餡もマッチしてます。

 

栗の素朴な風味が消えかかったころ、

タルト生地なのか、スポンジなのか、バニラのような香りがしてきました。

原材料を見るとバニラシーズペースト、バニラ香料と書いてあるので

やはりそうなんでしょう。

 

私的には、栗が格別なので、この場合は栗をもっと味わっていたい、

バニラにはもう少し大人しくしていてほしい感じがしました。

 

また、たまに感じるカシスですが、こちらは、唐突に「あ、カシスだっ」

と栗から引き離される気がするのです。

これが良いアクセントともいえるのでしょうか。

 

確かに、フランス菓子では、マロン&カシス、定番の組み合わせですよね!

ただ、フランス菓子のマロンの場合はバニラや洋酒がかなり効いていて

それとカシスの際立つ酸味をあえてぶつけるというのはわかるのですが。

 

 

和栗の風味はそのまま食べたいという要求が高まり・・・

 

 

とっても美味しいので、チャンスがあれば食べてみてください。

そして、これについて語りましょう(笑)

 

 

あああああ、やっぱり今年の秋は本家「朱雀」を求めて長野旅行でもしようかな。

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美しすぎるパフェ@Patisserie Asako Iwayanagi

 

今月の専攻クラスは、アントルメ キャラメル・ポワール

そろそろ終盤を迎え、私の疲れもピークに達しつつあります(笑)

 

パーツが多くて面倒なケーキは、生徒さんの作業が多いというより、

私自身の準備が大変ということに気が付くのが遅かった・・・。

毎回レッスンが終わると、ぐーったりです!

 

でも、みなさん、口々に「大変だったけど達成感があった」と

おっしゃってくださるので、やりがいがあります!!

 

おかげでクリスマス第4弾、新作のご案内がのびのびに

なっておりますが、今しばらくお待ちを。トホホ

 

 

 

ポワール(洋梨)といえば・・・

 

 

 

レッスンの合間、キッチンから離れたくって、やらねばならない仕事

そっちのけで気晴らしに、ご近所サイクリング!

 

目指したのは昨年末、等々力にできた PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI

ここのイートインでしか食べれないすごいパフェ!

 

 

『パルフェ ビジュー ポワール』

 

名前の通り、本当にビジュー(宝石)のように輝いている美しいパフェでした。

洋梨は国産高級品種、ル・レクチェとラ・フランスを使用しているとの

ことですが、上には皮つき、中にもゴロゴロと入っていて幸せ。

洋梨を初めて皮のまま食べましたが、かなりいけます!!

 

チョコレートのジェラートと洋梨のソルベは

"濃厚”と”さわやか”が交互にきて、いつまでも繰り返していたい!!

そこに生徒さんはお馴染みのパールクラッカンが食感のアクセントに。

底のほうは、透明のジュレにブルーベリーソースが滲んで

美しい色にうっとり!!

このジュレが瑞々しくて、上品な香りと清涼感があるのですが、

柑橘系なのはわかるのですが、レモンではない、何だろうと思ったら・・・

「ゆこう」のジュレだそうです。

 

 

そして友人がオーダーしたのは、

『11月のパフェ』

asako1.jpg

 

こちらも素晴らしい。

ピスタチオのジェラートは絶品です。数々のピスタチオジェラートを

食べてきましたが、これはかなり旨い!香ばしいナッツの風味が生きております。

それに甘さ控えめでコクのあるリコッタチーズ、

こちらもジュレとブルーベリーソース、

それにブラックベリー、キウイ、ブルーベリーなどのフルーツもたっぷり。

特にピスタチオのジェラートはおかわりしたい!!

 

 

食べている間、テンション上がりっぱなしで

疲れも吹っ飛びました!

 

 

お店の外観やインテリアもとても素敵です。

ケーキ屋さんというと、メルヘ〜ンな感じになりがちですが、

こちらはあくまでも、シックでシンプル。

かなり好みです!!

この辺はケーキのデザインにも共通しますね。

もちろん、ケーキも買って帰りましたがそれはまた今度。

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「惨め」対決 シャンドワゾー@川口 vs エシレ@丸の内 

 

先日、川口にあるパティスリー、「シャンドワゾー」が新宿伊勢丹に出店していると

聞いて、早速買いに行ってきました。

 

シャンドワゾーは、出来て間もないころに友人からおすそ分けをいただいて(こちら)、

その時に、どれを食べてもヒットだったことが印象に残っており、それ以来、大好きな

パティスリーとなりました。

 

 

お目当ては「ミゼラブル」 こちらのスペシャリテです。

 

IMG_2353.jpg

 

「ミゼラブル」はベルギーの伝統菓子でヴィクトル・ユーゴの「レ・ミゼラブル」

でお馴染ですが、「惨めな」あるいは「貧しい」という意味。

 

構成はアーモンドたっぷりのダクワーズのような生地(ビスキュイ・ミゼラブル)

とカスタード入りのバタークリームを重ねたシンプルなもの。

 

その昔、バタークリームのベースとなるカスタードを作る際に、牛乳が手に

入らないので水で作っていたというのが名前の由来ということです。

バターが貴重な今日の頃、このようにふんだんにバターを使ったケーキはむしろ

贅沢ですよね!

 

 

さて、こちらのミゼラブルですが、し、しびれました!

「普通に美味しいね!」と思うケーキにはちょくちょく遭遇しますが、

「しびれる」クラスは滅多に出会いません。

 

生地はホロホロっと口どけが良く、アーモンドの良い香りが漂います。

そしてなんといってもクリーム!!!

卵黄がたっぷり入っているのでしょうか、非常に色が濃いです。

適度な甘味の中に、微妙な塩味が効いているところがにくい。

塩味って不思議なものです。旨みがジュワッとひろがるような感じになります。

そして、ラムレーズン入りなのもよい。レーズンの食感とラム酒の香りが

単調になりがちなバタクリのアクセントになっております。

発酵バターのコクがあるのに、決してくどくはなく、さーっと口の中で溶けて無くなる。

いくらでも食べれてしまいそうな危険な一品。

 

 

ちなみに、こちらはノルマンディーの高級バター「イズニーの発酵バター」を使用しているとのこと。

 

 

そして、もう一つ有名なフランスのバターといえば、ご存知「エシレ」ですよね。

 

 

そこで、早速比較してみました。

 

丸の内にあるエシレ・メゾン デュ ブール の「ミゼラブル」

 

IMG_2356.jpg

 

こちらは比較的サイズが大きく、段数も多いです。

生地はしっかりとして、目が詰まっており、むっちりとした食感です。

 

そして、バタークリーム。

うーむ、これもおいしい! 何といっても「エシレ」ですから。

クリームはやや甘め、発酵バターの良い香りがします。

コクがありつつも、サラリと口どけが良く、嫌な脂っぽさが皆無なのは

シャンドワゾーのと同様、バターがおいしいから当たり前なのかもしれませんが。

 

ただし、サイズも大きいので、途中若干飽きるような気もします。

 

 

個人的には、

ち密な味の組み立てのシャンドワゾーにやや軍配が上がりますが。

両方、文句なくおいしいです。

バタークリームが苦手という方にも是非試してもらいたいです。

 

 

 

ところで・・・

 

「ミゼラブル」がとても気に入ったので、来年のレッスンで

やろうかしら・・・と考えたものの

なんだか似たようなものを過去にやった様な気がする・・・

と思ったら、これでした!!

 

過去のレッスン案内ページ↓↓↓ 

エステルハージー・シュニッテン

 

こちらは

ヘーゼルナッツの粉と卵白で作る軽くて香ばしい生地の間には
カスタード・クリームにバターを加えて作るリッチなクリーム。

表面の矢羽模様が特徴ですが、その以下の構成は良く似てますね。

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いちご以外のショートケーキ♪

日本のケーキ屋さんの一番人気は”いちごのショートケーキ”。

今や、本格的なフランス菓子を出すお店は珍しくないのに、

何十年前からこの状況は変わっていないのでしょう。

 

ショートケーキは日本人が考え出した洋菓子もどき。

ラーメンや、カレーライスなどと並び称されるべき大発明ってことですよね!!

 

最近はいちごが無い時期もその時々の旬のフルーツを使ったショートケーキを見かけます。

今、RYOURAさんでも2種類出ておりますので、早速チェックしました。

 

IMG_1932.jpg

シャンティー・ア・ラ・ミュスカ & シャンティー・ア・ラ・ペッシュ

(シャインマスカットと桃のショートケーキ)

 

 

鉄板の”いちご”は独特の香りとさわやかな酸味が生クリームと相性抜群。

それに比べると、桃もマスカットも風味が繊細なイメージなので、

それがどのようにショートケーキとしてまとまるのか、興味深々でした。

 

生地はふんわりきめ細かいタイプ。

生クリームはコクのあるキビ砂糖を使っているそうです。やさしいミルキーなお味が

繊細なフルーツを引き立てます。

 

 

 

普段はショートケーキをあまり買わない私ですが、たまに無性に食べたく

なるのです。そこで、来月は教室でもショートケーキ!!!

 

 

 

イチジクのショートケーです!!

 

イチジクはキルシュと砂糖で軽くマリネして、厚めにカットしてものを

たっぷりと挟みます。

生地とクリームにはメープルシュガーを使っております。

メープルとイチジクのそれぞれの個性が思った以上に良いコンビネーションに

仕上がりました!!

 

近日中に日程などご案内いたしますので楽しみにしててくださいね。

 

 

さて、ついでにRYOURAで買ったもの。

IMG_1935.jpg

エクレール・オ・ミュスカ

 

 

IMG_1939.jpg

下のパティシェールのセンターにはフランボワーズのコンフィチュールが入ってます。

その上は贅沢にシャインマスカットの半割が!

そして、上のシャンティーはほんのりとライムの香りを効かせて。

 

マスカットのさわやかさが際立つエクレアでした

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村



 JUGEMテーマ:手作りお菓子

 

| 日本のお菓子屋さん | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Ryoura@用賀3

近いわりになかなか行けないRyoura、

夏のラインアップをチェックしに行きました〜。

 

リトム

IMG_1599.jpg

 

夏らしいルックスですね!

 

IMG_1601.jpg

上はあわあわのムースココ、ライム

グレープフルーツのジュレ、クリーム

下の2層はクラストとクリームがいわゆるチーズケーキになっております!!

 

 

 

 

エクレール フレーズ・ヤオー(ヨーグルト)

IMG_1584.jpg

 

ちなみに、これは終了してしまい、昨日から

黄色の「エクレールトロピック」に代わったようです。

南国フルーツのエクレール、こちらも気になります!!

 

 

IMG_1600.jpg

下からパティシエール、中にバナナ・フランボワーズ・グリオット

それから、リュバーブ&フレーズのコンフィチュール、

ヨーグルト風味のシャンティー。

内容からしておいしいに決まっている!!

という感じですが、もっと、絞ってもいいぐらい、

てんこ盛りですね。

 

 

ポロネーズ

IMG_1593.jpg

 

ポロネーズは古典的なフランス菓子。ポーランド風という意味で、

ブリオッシュを洋酒入りシロップにつけ、パティシェール(カスタード)や

フルーツをつめてメレンゲで覆ったもの。

 

こちらのは

シロップにスパイスが効いており、甘いだけになりがちなシロップに

良いアクセントとなっております。

IMG_1603.jpg

そこにベリー系のコンフィチュールの酸味も加わり、美味!!!

 

 

サヴァラン、ババも、そうですが、ブリオッシュを洋酒が浸してある

お菓子が大好物です!

今回の一番のお気に入りでした。

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お菓子

 

 

 

| 日本のお菓子屋さん | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かっこいい焼き菓子@ジュン・ウジタ

最近レギュラークラスは焼き菓子が続いておりますので、お菓子屋さんでも

焼き菓子が気になります。

 

焼き菓子というと、「素朴」というイメージを持つ人が多いかもしれませんね。

そして、お店では華やかな生菓子に隠れて、どうしても脇役的な、地味な存在に

なってしまうかもしれません。

 

でも、私は焼き菓子がとても好きです。(究極的には生菓子より好きかも)

シンプルなだけに、粉やバター、フルーツやナッツの味をじっくり味わえます。

しかも、完璧なものを作ろうとこだわれば、華やかなアントルメより難しいのでは

ないかと思うこともしばしば。

オーブンに入れたら最後、途中で修正したり、手直しができませんので。

 

日ごろから焼き菓子の良さをもっと知ってもらいたいという思いがあります。

普段のものに、少しの工夫を加えて、プレゼントにも喜ばれるような、

華やかでかっこいい、「主役」になることができるものをご紹介できればなー

と奮闘してます。

 

昨日までのクラス「ケーク アナナス&ココ」は、2種類の焼き菓子が組み合わ

さったものなので、焼き時間に関しては最適な温度と時間を探すのに、

何度も作りなおし、試作が大変でしたが・・・みなさま、ご家族やご友人などにも

喜んでいただけたでしょうか?

後日、別バージョンをまたブログでご紹介しますね。

 

 

================================

 

 

先日、生徒さんからお土産でいただいた焼き菓子は

とても、なんというか、華のある、かっこいい焼き菓子でした。

 

 

パティスリー・ジュンウジタ@碑文谷の焼き菓子

 

IMG_1469-1.JPG

 

右から時計回りにポンポネット3種

キャラメルノワ・アマンディーヌ・ポンヌフ

 

キャラメルノワはキャラメルとタルト生地のしっかり焼き込まれた苦味と

濃厚なナッツの風味。

アマンディーヌは風味豊かなクレームダマンドとベリーの酸味。

ポンヌフはパイ生地、シュー生地の軽やかさ、カスタードの旨み、

コンフィチュールの甘酸っぱさ。

どれも小さいながらも際立つ存在感のあるものでした。

 

 

さらに

IMG_1480.JPG

右:アルレット、左:名前を失念

アルレットはシナモン入りのパイ生地をキャラメリゼしたものですが、

この焼き込まれて、黒光りしている感じ・・・たまりません。焼き菓子のカガミです!

口の中でザクザクといいながらキャラメルの苦み、シナモンの香りとバターの風味が広がります。

もう片方はゴツゴツとしたタイムが容赦なくたっぷり練り込まれているクッキー。

ハーブがしっかりと効いておりますのでお子様は向かないかもしれませんが。

しっかり焼き込まれた生地の苦味とタイムのツーンと鼻を抜ける香りが鮮烈です。

 

 

どれも、見た目、お味ともに素晴らしい!!

 

御馳走さまでした!!

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お菓子

| 日本のお菓子屋さん | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>