CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
SEARCH

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
                     
MOBILE
qrcode
初夏のケーキ Ryoura@用賀

******************************************************

その他募集中のクラス 

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

あたたかくなってきました。

今週末からは夏のような陽気になるそうです。

 

そうなると、不思議なもので、ちょっと酸味のあるケーキが食べたく

なりますね。

 

 

 

ミルフィーユがあまりお好きではないとう生徒のNさん。

ところが、お知り合いの方にいただいたRyouraのミルフィーユは

「はじめて美味しく感じた」そうです。

 

 

「プレーンのミルフィーユにも見えたけど、薄い茶色の層があった」

とのこと。

 

 

そこで、早速探しに行ってきました、Ryouraへ。

 

 

ミルフィーユ・エスカルゴ

IMG_3032.jpg

 

黄色いクリームは

レモン風味のムースリーヌ(カスタードベースのバタークリーム)。

バターが多いクリームなのでパイ生地がしけらないのが良いですね。

レモン風味なので重たく感じません。

 

そして、薄い茶色い層はドライフルーツとナッツが細かく砕かれた

ものがコンフィになっている状態です。
こちらもけっこう酸味があります。アプリコットかな?

これが薄いのに、よいアクセントになっております。

 

か・な・り好みっ! あっというにペロリと完食。

 

今までのここのお店で食べたケーキの中で一番美味しいと

感じたかもしれません! 

 

 

 

他に買ったもの。

 

 

日向夏のタルト

IMG_3028.jpg

見ても通り、定番のパートシュクレにアーモンドクリーム、カスタード、

そしてフルーツという構成です。

そういう意味では味はある程度想像できたはずです。

 

ですが、このタルト、想像したよりもはるかに美味しかったのです!

生地の色を見てもらえばお分かりになるかもしれませんが、

良〜く焼かれており、それがとても好み♪

下の香ばしい焼き菓子部分と上のさわやかクリーム&柑橘の組み合わせが

ステキです。

 

 

さらに

 

ヴェリーヌ ルージュ エ ノワール

IMG_3020.jpg

どのお店にいっても、ついつい買ってしまうサヴァラン。

生地には赤ワインシロップ浸してあり(これがルージュなのか?)、

その上はカスタード、フルーツはオレンジとプラム(これがノワールなのか?)

スパイスが効いており、かなり大人向き。

 

 

こちらは、今日までのようです。

次のバージョジョンはフロマージュブランと蜂蜜、グレープフルーツ

ということらしいので、この方がこれからの季節には向いている

かもしれませんね。

 

 

そろそろ5月のレッスン案内の時期となります。

こちらも酸味を生かした初夏向きのラインアップになりますので

こうご期待です!!

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

| 日本のお菓子屋さん | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シャルロットの “ペルル”

******************************************************

その他募集中のクラス 

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

4月のレギュラークラスで作る「いちごのシャルロット」、

「形がとても愛らしい」と好評です!!

 

4月11日(水)11時〜のクラスに空きがでました! 

受講料:7000円

お持ちかえり:直径12cm 丸形1台

初めてお申込み・お問い合わせは こちら

 

IMG_4989.jpg

 

 

「シャルロット」というお菓子は英国王ジョージ3世の妃の名前に由来し、

貴婦人の帽子の形に仕上げたお菓子です。

もともとは硬いパンを型に貼り付け、炒めたりんごを詰めて焼き上げた

暖かいお菓子だったそうです。

それを19世紀の初めにフランス料理の創始者と言われる名シェフ「カレーム」

がムースやバヴァロア、クリームなどを詰めた冷菓として完成させ、

今日に至っております。

 

 

現代のシャルロットは「ビスキュイ・キュイエール」という別立て法で

作る生地を絞り袋に入れて、様々な形に絞りだして、焼き上げます。

ちなみに、昔は絞りだすのではなく、スプーン(フランス語でキュイエール)

を使っていたそうです。

 

 

ビスキュイ・キュイエールは外側がサクッとした食感の軽い生地。

 

 

そのサクッとした食感を生むのは生地を絞りだした後に振りかける粉糖。

 

 

IMG_4977.jpg

 

 

この粉糖、1回かけただけだと、薄い膜が出来、それがひび割れて

しまうことが多いのですが、2度かけると、糖分が結晶化して

ツブツブの固まりができます。こんな風に・・・

 

 

IMG_3005.jpg

 

 

このツブツブをフランス人はペルルperle(真珠)と呼びます。

ベルルが出ているのが、ビスキュイ・キュイエールの「あるべき姿」です!!

 

そのためには、単純に2回粉糖をかければよいというわけではありません。

1回粉糖をかけたら、それが溶けて表面が濡れたような状態になるまで待ちます。

それから、2回目をふりかけるのです。

 

2回連続してバサバサと振りかけてオーブンに入れてしまうと、ペルルはできず、

粉糖が溶けないまま、白く残ってしまいます。

 

 

 

ふりかけるタイミングと量、多少慣れが必要かもしれません。

 

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

 

 

 

 

 

| 雑記 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マイナーチェンジ 4月レギュラークラス いちごのシャルロット

******************************************************

その他募集中のクラス 

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

今日から1ヶ月いちごが続きます!

 

まずはレギュラークラスのいちごのシャルロットです!

 

 

Charlotte aux fraises

 

 

これは定番中の定番、だからかなり昔からリピートしているケーキです。

ですが、今年からレシピをマイナーチェンジしました。

 

 

以前はムースに冷凍いちごピュレを使っていたのです。

というのも、生のいちごの場合は、クオリティーや品種の差で味に

バラツキが出てしまうからです。

料理学校で習った時のレシピや有名パティスリーのレシピを

見ても大概、ヨーロッパ産の冷凍いちごのピュレか、冷凍いちご

ホールを粉砕して使っているケースが多いです。

生で食べるには日本のいちごは最高なのですが、加工する場合は

ヨーロッパ産のいちごの方が中まで真っ赤で酸味がしっかりして

いるというのもあると思います。

 

 

ただ、せっかく今の時期、店頭に生のいちごが並んでいるのに

それを使わないなんて・・・という点が引っかかっておりました。

 

以前は「この味を出すためには毎回同じ条件で作れる冷凍ピュレ

しかないっ!!」なんて思っていたのですが、

最近ちょっと力が抜けてきた、というか、年取ったのかも(笑)

しれません。

 

 

パティスリーだったら、安定的に作れる材料を使うのが当たり前

でしょうが、私はやはり、あくまでも家庭で作るお菓子をお教えする

ことが目的なんだなあ・・・と思うと、

出来る限り、旬のものを使いたいです!!

 

 

たとえ毎回微妙にお味が違ったとしてもそれは当たり前、

それを感じ取れるようになるのも面白いし、だったらどの品種が合うのか

とかそれ以外の部分を工夫するとか、色々と考え直してみたいと

思いました。

 

 

 

そこで、今回は生のいちごを使います。

 

以前のレシピで作ったものと食べ比べてみると、

まず、果肉感を残しており、種のツブツブもありますので

滑らかではありません。

そして、昔食べたいちごミルクを思い出すような懐かしさが

あります。

 

優しめのお味になりますので、その上に重ねるバルサミコ入りの

コンポートとコントラストが出ます。

 

 

 

とはいえ、また、数年たったら考えが変わるかもしれませんね(笑)

 

 

開催日:

4月 4日(水)11:00〜14:00

4月 7日(土)11:00〜14:00(キャンセル待ち)

4月 8日(日)11:00〜14:00(1名様キャンセルがでました)

4月11日(水)11:00〜14:00(キャンセル待ち)

 

受講料:7000円

 

お持ちかえり:直径12cm 丸形1台

 

初めてお申込み・お問い合わせは こちら

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| 教室案内 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨモギの使い道

******************************************************

募集中のクラス 

 

4月レギュラークラス 「いちごのシャルロット」はこちら

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

さて、3月専攻クラスの「アントルメ桜フレーズ」のレッスンは

先日終わったばかりですが、

 

ケーキの土台として使った、ほんのりと塩味の効いたヨモギのクランブルが

良いアクセントとなっているということで好評でした!!

あえて、抹茶じゃなくて・・・という私の意図もご理解いただけたと思います!

 

 

ただ、余ってしまった「よもぎパウダー」をどう活用するかが気になる方も

いらっしゃるようで・・・

 

 

私は、焼き菓子全般にあうと思います!

 

 

以前レストランのデザート開発ということで考案したヨモギのシフォンです!!

 

 

 

抹茶シフォンは定番ですが、ヨモギもなかなか良い!

直径17cmの定番シフォン型を使う場合、

「よもぎパウダー」は5gぐらいがバランスいいみたい。50gの熱湯をかけて

5分ほどおいて後はプレーン生地に加えるだけでOK。

 

生クリームにも、少な目の砂糖とほんのりと感じられる程度の塩を入れてます。

スイカに塩かけるのと同じ発想ですね。

塩を入れるとクリームにコクが出て、ヨモギの風味ともマッチします。

 

 

その他、バターとの相性もよいので、

パウンドも良さそう!

今度作ってみようと思います。

 

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます!
ランキングに参加しております! はげみになりますので、
↓是非クリック↓ お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

 

 

| 手作りスイーツ | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
写真展をやります!

******************************************************

募集中のクラス 

 

4月レギュラークラス 「いちごのシャルロット」はこちら

4月専攻クラス    「いちごのマカロナード」はこちら

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ランキングに参加しております! はげみになりますので、

↓↓↓↓↓↓

是非クリック お願いします。

 

******************************************************

 

 

さて、今日はお菓子以外の宣伝です!

 

私がカメラを始めたのは、ちょうど10年前。

これほど長く続いている趣味は他にはありません。

 

たぶん、日頃から自分で作ったお菓子を撮る必要があるという

こともあり、続いているのでしょうね。

 

最近は忙しくなってしまい、写真を撮りに行く機会が減ってしまいましたが

細々と続けております。

 

 

ただいま、私が所属しております写真クラブの作品展を開催しております。

 

2018_瞬彩写真展_通信面_jpeg.jpg

2018_瞬彩写真展_スクリーンショット_通信面.jpg

 

 

お菓子とは全く関係ない、日本の自然風景がテーマの写真展です。

 

場所は表参道駅からすぐの場所ですので、

お近くにいらっしゃる方はぜひ、お立ち寄りくださいませ!!

私は明日と土曜日の夕方でしたら会場におります♪

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:展覧会

| 写真 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/125PAGES | >>